shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツ猫と会話に成功(ほぼ手話)

朝、マイナス7度でしたが、雪の中ベビーシッターで子供を幼稚園に送ってきましたが
その子の家の前にその家のペットの猫がいまして、
ものすごく丸くなってました。

しましまがしまイヌをつれて戻ってきてもまだ玄関前に鎮座!

11時にしましまが買い物に出る際にも鎮座!

一応マイナス気温なんで、会うたびに猫に「寒い?中に入りたい?」と
口頭で()確認するんですが、猫、全くの無表情。

でも、明らかに寒さを目で訴えてるし、相当な鎮座時間なので
隣の家の鍵を持って登場!

鍵を見せて、ドア開けたら入る??入りたいんでしょ??と
日本語で確認したところ、
「にゃ~~~」と返答!
しかも!ドアに向かって入りたいポーズをしながらしましまを見るんで、
(脇を思いっきりあげてバンザイのポーズ。一回隣人宅でお茶してる時に
この中にいれてくれポーズを見たことあり)

勝手に鍵開けて入れてあげました♪

猫、ソッコーで入って後ろを振り返りしましまを見ましたが
やっぱり猫なだけに無表情!
でも、こころが通じ合えて嬉しい限りです。

これで二度目に鍵を見せたら多分同じリアクションをしてくるに違いない。
猫って頭いいですね。

猫の肉球がピンク色で萌えました。
この猫、体は真っ黒で、全体的にフェンディみたいな模様が入ってますが
胸の部分に三角に白色が入っていて、
4つ足全部が先だけ真っ白というおしゃれな色合い!

それで肉球がピンクで、猫ってかわいいなと思いました♪

うちのしま犬は肉球真っ黒です。
(でもケツ穴はピンク)

No tags for this post.