shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツのカフェのハーブティーを自宅で

カフェにいくことが多いのですが
基本的にタンデムと老人とだけで、
友だちと行くことはめったにない残念な感じのしましまです。

あ!でもこんなしましまにも一人だけ友だちがいまして
年齢もかなり離れていて性別も違いますがお茶していつも長々トークしてます。
貴重だぜ!

、カフェイン断ちをして1年以上経ちます。
1年位前に、どうも老人と会ったあとに胃がムカムカすると思いまして
老人アレルギーを実際疑いましたが
老人と会っている時にいつも飲んでいた、濃度が異様に濃くて、アッサム系の濃い紅茶を疑い、
ルイボスティーに変えてみたらあっさり治ったので
カフェインを避けることにしたというのがきっかけです。

この人生、浴びるように紅茶を飲み続けてきていて
日本では抹茶、緑茶、ほうじ茶、烏龍茶、ジャスミンティはもちろん、
イギリスにいる時も尋常じゃないくらいの紅茶を飲み
多分イギリスにある全紅茶ブランドと種類を制覇したのではないかくらいの勢いでしたが
ドイツでは制覇せず。。。。

その代わり、ドイツではハーブティにやたら詳しくなりました。
昔はハーブティーなんて気持ち悪くて飲めなかったのに
今ではカモミールティーを激飲みしております。

そんな中、いろいろカフェにいくと
ドイツだとハーブティーを頼む場合
生ハーブを使ったお茶を出してくれるところがあります。
1杯日本円で3,400円相当して意外に高いですが美味。

なんと、単なる生の草に熱湯を注ぐだけという。。。

ってことで、今日たまたま見つけたので
生ハーブを買ってみました。
1パック1,95ユーロなので、まあ250円位?
3回位飲めそうなので安いもんです。
ティーバッグの感想のものよりは断然高いですが!

Salbeiっていうセージのとミントを購入。
しまお14歳が喉痛で、今日は学校を休ませたので早速Salbeiのを飲ませてます。

ってことで、日本にも生ハーブは売ってるんでしょうか?
だとしたら生セージはとにかくオススメなんで是非!

No tags for this post.