shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツ少年チーム入部。卓球の試合出場。

 いやあ、疲れた!

とりあえず今欲しいのは睡眠と車です。
サッカーをするとやっぱり車が必要になるのか。。。。
実は近所だと思って始めたサッカーが
何気に3駅先の中学校のグランドで行われているもんで
自転車で飛ばして20分、ちんたら行くと30分ほどかかります。
そうそう、日本での自転車の速度の2倍くらいでドイツでは走れるので
こまめにギアチェンジなどしてしましまもガンガン飛ばしてます。
おかげで車並みのスピードが出せる走り屋となってます。
白いタイヤの女児用チャリでネ。
で、昨日はメールチェックしてたらしまお12歳が突然の卓球の遠征試合があるということで
欠けたメンバーの補充とういうことで急きょ参加してきました。
サッカーも卓球もあって超大変!
卓球はコーチと電話で話をして
なんだかユニフォームがないチームだから急きょおそろいのを買ってきて金を徴収したいとか
色々あってとりあえず集合場所には一緒に行って金を払ってきました。
電話で話したコーチは
若者、イケメン、スポーツマンのイメージで
名はドイツ人にありがちなマティアス。
どんな方かしら♪と期待して行ったものの
背後から時間に遅れて登場した男は、
ドイツ人というよりむしろアメリカ人だろ!というような
にきびだらけの不健康そうな巨体男性(推定150キロから200キロほど)
眼鏡をかけて髪も伸び放題で、でもなんだか若い。
握手した手はべたべたで、
なんだか車で行くようで、車が信じられないくらい小さくて中はゴミだらけで
これじゃあ子供4人プラス俺が乗れないということになり
集合していた別のお母さんがそのうち二人を乗せていくことになり
しまお12歳と別の子1人が、新品のTシャツとともに乗せてもらって行きました。
がしまお12歳はそいつがマティアスだというし
しまお10歳は、そいつじゃないもう一人のイケメンコーチがマティアスだというし
結局マティアスは誰?この巨体男性は一体??という
不思議な状態です。
ちなみにマティアスという名。
英語だとマシュー、イタリアだとマテイオーになるという。
英語がマイケル、ドイツ語がミヒャエルみたいなもんです。
ワールドワイドっすね。
それはさておき、集合した卓球少年4人ですが
3人は普通の白人金髪のドイツ人。
お母さん皆さんはいい人そうで美しくてかしこそうなのですが
少年らが完全野比のび太タイプ。
もしかして運動嫌いな子がやるスポーツなの??と思ってしまいました。
試合は夜6時から8時まであり、8時半に集合場所まで別のお父さんに乗せてきて帰ってきましたが、
あの巨体コーチは帰る方向が違うからということで
しかも途中で帰宅するというだらしなさ!
まあいいでしょう。
送っていただいただけでありがたいです。
で、しまおらはドイツに来てずっと卓球をしてましたが
試合はなんと団体戦ダブルス。
卓球でダブルスということすら超未知で
テレビでも見たことがないのに団体戦の初戦でいきなりダブルス組まされ
しかも相手は170センチくらいあるメガネかけた14歳の女子と
同じくメガネかけた黒人男子の混合で
もうわけがわからないまま戦ったそうですが
1セット目は大負けしたものの実践でルールを学び、
その後2,3セット目を取り返して見事勝利(笑)
一応アンダー14という14歳以下のリーグだったみたいで
よく12歳で頑張ったなと思います。
ほぼ全員の親が試合を見に来ていたそうで
しまおのみ初戦、一人アジア、アウェイ、親ナシということで
相当大変だったようですが、楽しかったようです。
何事も経験っていいことですね。
で、しまお10歳は同じ日にサッカーの初入部ということで
遠くのグランドまで行ってきましたが、これまた18時からの練習。
夜遅いのはきついぜ。
事前にコーチと電話で話をして
日本でもイギリスでもサッカーをしていたと言った所
経験豊富な人材とみなされ、
5チームの中の上位1,2チームの合同練習に参加することになりました。
普通サッカーのローカルチームってのは
うまい子も下手な子も一緒のチームですが
ここはローカルだけれど金が発生することもあり
ある意味クラブチームでした。
しっかりレベル分けされていて
下手くそな子供が一人もいない25人の団体!
その中にアジア顔の小さいジャイアンみたいなしまお10歳
しかも1年のブランクアリ が入るわけですが
場違いな顔とはいえまあいい感じでプレイしてました。
上位ランキングということもあり
コーチも3人ついていてやたらプロフェッショナル。
親も椅子持参でお父さんばっかり10人くらい見ていて
皆さんの気合と誇りが感じられます、随所に。
しまお10歳は基本的に運動神経がやたらよく
今までで自分は常に世界の中心アスリートだと思っている節があるので
本当に楽しかった&初めて充実したサッカーができたみたいです。
自分よりも上が集結しているのに相当感動したようですが
おかげでしまお10歳のレベルはかなり下なので
コーチが見て格下クラスに移動させられるかもしれません。
本当は昨日のプレイを見て決めるはずが
もう少し見たいと言われて保留にされてます。
しまお10歳は闘争心が強くて一人でドリブルして行ってガンガン点数を入れるタイプなのですが
イギリスで入っていたサッカーチームがあまりに弱いためと
しまお10歳があまりに能力が高いため
コーチに説得されて泣く泣くバックをさせられてました。
最初はサッカーをやめたいとすら言っていましたが
そのうちバック気質になってしまいプレイが保守的!
昨日はなぜかフォワードばっ
かりさせられていて
最初はバック気質が抜けなかったのですが
最後の方はようやく人をなぎ倒し(あたりが強い)
人を蹴り倒し(反則ギリギリ)
メッシみたいな小技も使ったドリブルで
キーパー川島みたいな顔面で、攻めまくってました。
アウェイかつブランクもあるのによく頑張るなと思うし
このチームには行ったら確実に伸びるけど練習きつそうと思うし
でも可能性を超秘めてるアジア少年という感じだったので
多分「外人枠として香川獲得」みたいなのりで、コーチは見ている気がしますネ(笑)
ってことでこっちも8時まで練習して9時前に家につきましたが
自転車だと結構キツく
うち以外は全員お父さんが車で来ていたので
車購入が頭をよぎります。
もうリヤカーよりは車ですね。
今日は今日でいよいよしまお12歳の歯科矯正があるので
口にワイヤーが入る前の顔写真を撮っておこうかな何て思ってます。
No tags for this post.
ドイツ生活

ドイツ少年チーム入部。卓球の試合出場。

 いやあ、疲れた!

とりあえず今欲しいのは睡眠と車です。
サッカーをするとやっぱり車が必要になるのか。。。。
実は近所だと思って始めたサッカーが
何気に3駅先の中学校のグランドで行われているもんで
自転車で飛ばして20分、ちんたら行くと30分ほどかかります。
そうそう、日本での自転車の速度の2倍くらいでドイツでは走れるので
こまめにギアチェンジなどしてしましまもガンガン飛ばしてます。
おかげで車並みのスピードが出せる走り屋となってます。
白いタイヤの女児用チャリでネ。
で、昨日はメールチェックしてたらしまお12歳が突然の卓球の遠征試合があるということで
欠けたメンバーの補充とういうことで急きょ参加してきました。
サッカーも卓球もあって超大変!
卓球はコーチと電話で話をして
なんだかユニフォームがないチームだから急きょおそろいのを買ってきて金を徴収したいとか
色々あってとりあえず集合場所には一緒に行って金を払ってきました。
電話で話したコーチは
若者、イケメン、スポーツマンのイメージで
名はドイツ人にありがちなマティアス。
どんな方かしら♪と期待して行ったものの
背後から時間に遅れて登場した男は、
ドイツ人というよりむしろアメリカ人だろ!というような
にきびだらけの不健康そうな巨体男性(推定150キロから200キロほど)
眼鏡をかけて髪も伸び放題で、でもなんだか若い。
握手した手はべたべたで、
なんだか車で行くようで、車が信じられないくらい小さくて中はゴミだらけで
これじゃあ子供4人プラス俺が乗れないということになり
集合していた別のお母さんがそのうち二人を乗せていくことになり
しまお12歳と別の子1人が、新品のTシャツとともに乗せてもらって行きました。
がしまお12歳はそいつがマティアスだというし
しまお10歳は、そいつじゃないもう一人のイケメンコーチがマティアスだというし
結局マティアスは誰?この巨体男性は一体??という
不思議な状態です。
ちなみにマティアスという名。
英語だとマシュー、イタリアだとマテイオーになるという。
英語がマイケル、ドイツ語がミヒャエルみたいなもんです。
ワールドワイドっすね。
それはさておき、集合した卓球少年4人ですが
3人は普通の白人金髪のドイツ人。
お母さん皆さんはいい人そうで美しくてかしこそうなのですが
少年らが完全野比のび太タイプ。
もしかして運動嫌いな子がやるスポーツなの??と思ってしまいました。
試合は夜6時から8時まであり、8時半に集合場所まで別のお父さんに乗せてきて帰ってきましたが、
あの巨体コーチは帰る方向が違うからということで
しかも途中で帰宅するというだらしなさ!
まあいいでしょう。
送っていただいただけでありがたいです。
で、しまおらはドイツに来てずっと卓球をしてましたが
試合はなんと団体戦ダブルス。
卓球でダブルスということすら超未知で
テレビでも見たことがないのに団体戦の初戦でいきなりダブルス組まされ
しかも相手は170センチくらいあるメガネかけた14歳の女子と
同じくメガネかけた黒人男子の混合で
もうわけがわからないまま戦ったそうですが
1セット目は大負けしたものの実践でルールを学び、
その後2,3セット目を取り返して見事勝利(笑)
一応アンダー14という14歳以下のリーグだったみたいで
よく12歳で頑張ったなと思います。
ほぼ全員の親が試合を見に来ていたそうで
しまおのみ初戦、一人アジア、アウェイ、親ナシということで
相当大変だったようですが、楽しかったようです。
何事も経験っていいことですね。
で、しまお10歳は同じ日にサッカーの初入部ということで
遠くのグランドまで行ってきましたが、これまた18時からの練習。
夜遅いのはきついぜ。
事前にコーチと電話で話をして
日本でもイギリスでもサッカーをしていたと言った所
経験豊富な人材とみなされ、
5チームの中の上位1,2チームの合同練習に参加することになりました。
普通サッカーのローカルチームってのは
うまい子も下手な子も一緒のチームですが
ここはローカルだけれど金が発生することもあり
ある意味クラブチームでした。
しっかりレベル分けされていて
下手くそな子供が一人もいない25人の団体!
その中にアジア顔の小さいジャイアンみたいなしまお10歳
しかも1年のブランクアリ が入るわけですが
場違いな顔とはいえまあいい感じでプレイしてました。
上位ランキングということもあり
コーチも3人ついていてやたらプロフェッショナル。
親も椅子持参でお父さんばっかり10人くらい見ていて
皆さんの気合と誇りが感じられます、随所に。
しまお10歳は基本的に運動神経がやたらよく
今までで自分は常に世界の中心アスリートだと思っている節があるので
本当に楽しかった&初めて充実したサッカーができたみたいです。
自分よりも上が集結しているのに相当感動したようですが
おかげでしまお10歳のレベルはかなり下なので
コーチが見て格下クラスに移動させられるかもしれません。
本当は昨日のプレイを見て決めるはずが
もう少し見たいと言われて保留にされてます。
しまお10歳は闘争心が強くて一人でドリブルして行ってガンガン点数を入れるタイプなのですが
イギリスで入っていたサッカーチームがあまりに弱いためと
しまお10歳があまりに能力が高いため
コーチに説得されて泣く泣くバックをさせられてました。
最初はサッカーをやめたいとすら言っていましたが
そのうちバック気質になってしまいプレイが保守的!
昨日はなぜかフォワードばっ
かりさせられていて
最初はバック気質が抜けなかったのですが
最後の方はようやく人をなぎ倒し(あたりが強い)
人を蹴り倒し(反則ギリギリ)
メッシみたいな小技も使ったドリブルで
キーパー川島みたいな顔面で、攻めまくってました。
アウェイかつブランクもあるのによく頑張るなと思うし
このチームには行ったら確実に伸びるけど練習きつそうと思うし
でも可能性を超秘めてるアジア少年という感じだったので
多分「外人枠として香川獲得」みたいなのりで、コーチは見ている気がしますネ(笑)
ってことでこっちも8時まで練習して9時前に家につきましたが
自転車だと結構キツく
うち以外は全員お父さんが車で来ていたので
車購入が頭をよぎります。
もうリヤカーよりは車ですね。
今日は今日でいよいよしまお12歳の歯科矯正があるので
口にワイヤーが入る前の顔写真を撮っておこうかな何て思ってます。
No tags for this post.