shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

Hamburg 桜祭り

 Hamburgには日本人会があったり、

大学があってそこに日本語を学ぶ学生がたくさんいることもあり

桜の木がたくさんあったりします!
立派な日本庭園もあって、横浜の姉妹都市?だかわかりませんが
中田宏の名が刻まれた石碑(オール日本語)もあるほど!
静かなゴーストタウンHamburgでの中田宏の石碑発見は
かなり嬉しくて
うっかり知り合いかと思ってしまいましたYO!
ちなみに横浜の市長です。
で、つい先日の週末に
桜祭りという祭りがあり
金曜の夜10時に花火をあげるらしい。
日本人に対してアイウエオ(愛、餓え男)なもので
浴衣でも着て夜の花火を見に行くぜ!!と意気込んでいたものの
何とくそ寒くて雨!
10時半から花火が上がるのですが
とりあえず朝型人間だったり
寒くて雨なのでやめようということになり
家でテレビ見て過ごしてました。
空耳か銃声かわかりませんが
なんとなく花火音が聞こえたような聞こえないような。。。
で、パンフレットがあって
そのパンフレットを見ても何がどこであるのかさっぱりわからず
ネットでも情報が皆無で
とりあえず何とかネットで検索して行ってみたところ
しましまの大失態で2008年の情報でした。古っ!
その2008年の情報によると
日本人の出店があるという!!
ロンドンでの日本人の出店と言ったら
(ここから超ローカルネタでスミマセン。)
前田幼稚園の美しい芝生の中でのうまい日本食販売のバザーとか
モンペリエ現地校でのお母さんがた手作り焼きそばとか
その他現地校でのチャリティーバザーで日本の古本やおもちゃどっさりとか
そのイメージでうっかりドイツに期待してしまいました。
もろ焼きそば買う気満々!
きっとこれがデュッセルドルフとかだったらもしかしてこういうコミュニティーなぞ
盛んなのかな何て思ったりもしますが
意気込みすぎて撃沈のしましま。
土曜日に日本人や日本人屋台を探し求めたものの雰囲気すら皆無。
案内の看板すら皆無。日本人の姿すら町に皆無!
しかも大雨♪
だったら日本庭園のある公園がどうも臭うぞ!
日本の茶室もあるし!ということで探偵的勘を働かせ行ってみたら
日本人皆無かつコスプレのドイツ人、悪そうな若者が結構いたり、
でも小さなブースがあり、寿司や弁当を売ってました。
ちなみに売り子は普通のドイツ人で日本語専攻でもなんでもなし!
大雨ですが、高額ですが、買ってその場で立ち食い!
で、大雨ですが茶室を見ていたら
何と茶室がオープン!
「茶でも飲んでく??」なんてうきうきしていたら
そこに入れるのはVIP風の人々限定!
とにかく完全な不完全燃焼で
ストレスたまりまくってしまいました。
まあ着物を着ていかなくてよかったと思ってます。
コスプレの一員になるとこだったぜ!!
本当はハンブルグ大学に行けばもしかして何かあったかもしれませんが
まあ大雨だったし寒かったので
小さい弁当で全く足りなかったので犬もカフェに入れて
4人プラス1匹でお茶してから帰りましたYO。
しかし、会に所属していない無所属の人って
こういう情報が一切こないところがミソですね。
で、最近ドイツ語も英語もできないし
行ったイベントはこんな状態だし
「もう嫌だ!!」なんて思っていたら
しまだんなはいつも結構いいことを言うのですが
久々に大ヒットした名言をゲットです。
上手くいかないときに愚痴ってもしょうがなくて
とっとと打開策を見つけた方が手っ取り早い。
しましま、いちおう女ですが心は昔からおっさんなので
男性的アドバイスが非常に効き目があったりします。
それはそうと、今日はしまおらが学校で例のテストの結果が出るということで
ドキドキしながら行ってきましたが
何と結果は出なくて点数だけもらったそうです。
テストは、4つに分かれていて、各24点満点。
二人とも会話は無事にB1が取れて合格しましたが
今日は読み、手紙書き、聞き取りの点数が出ました。
しまお12歳は
聞き取り15点、読み取り17点、手紙書き20点なので
多分こいつはB1で合格でしょう。
一方しまお10歳は
聞き取り10点、読み取り15点、手紙書き17点なので
もしかしたら学校追放??というにおいがプンプンしますNE。
でもいいんです。
「バカでもかわいければいいじゃない!」
「バカだから嫌いとかそういうことは全くないから!」
という意味のない励ましで励ましてみました♪
まあ子供というか若者ってとにかく傷つきやすい面があるので
普段は暴言吐きまくって厳しくしつけてて
(メンタル面強化のため)
こういう人生の岐路みたいなときで学校からのプレッシャーが多い時は
相当ダメージが大きいのでネガティブなことは一切言わないと決めてます。
昨日ドイツ図書館で借りた、松たか子の「告白」のDVDを真夜中に見てしまい
あまりの怖さと後味の悪さに夜中10回以上目が覚めてしまいました。
湊かなえの本は多分全部読んでますが、
映像化すると異様に怖いもんですネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

No tags for this post.