shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツの保険加入

 ドイツって、「必ず健康保険に加入して住むこと」が「義務」だそうです。

多分日本人だとかかる医者は日系医師だったり
かかる歯医者も日系歯医者だったりして
数年後に帰国するので、そんな義務は無視してもドイツ政府にばれなそうです。
が!通っている整形外科、一度あまりにも耳の調子が悪くていった鍼灸院(日系)、
そして語学学校でも無保険家族ということで指摘され(軽い法律違反)
ドイツの保険にようやく加入できました。
もちろんドイツ語なので自力加入なんてできず
しまだんなの会社スタッフがおすすめのところに入りました。
基本的に海外駐在員や旅行者は海外旅行保険という保険に入っていて
それを持っていると日系の病院などでキャッシュフリーで見てもらえます。
イギリスにいるときは
日本の駐在員の場合日系の病院や歯医者に行って
自腹だったりその保険だったり、会社に請求したりという流れになってます。
しましまの場合、イギリスは子供の医療が無料なので
近所の歯医者に無料でかかり
近所の小児科に無料でかかり
遠方の総合病院に無料でかかりました。
そしてドイツ。
同じ感じなのかななんて思ったら
病院で現金を支払う行為自体があまりないみたいで
みなさん国の保険または個人の保険に入ってます。
海外旅行保険という保険は完全に旅行者扱いで、確かに住む人間のためのものじゃない感はありますがドイツに住む場合は否定されがちな保険のようです。
ドイツの保険の保険料はなんと収入によって決まります!!
寿司屋で「時価」と書いてあるみたいなノリです!
保険会社がそれはそれは無数にあって
国の保険の場合、なんだか顔写真入りっぽいです。
語学学校の皆さんのカードを見せてもらいましたが
だいたい国によって入る保険会社も統一されている感があります。
しましまの友人のママ友(アジア)
同じく無保険で歯科治療を4か所受けて60万払ったという経験があり
保険の大切さを身を持って感じたそうです。
特に歯科治療は保険では全部はカバーできないけれど
やっぱり保険がないと1本10万コースのようで
とりあえず加入できてよかったです。
この保険で歯のチェックを年に二回受けられて
風邪などをひいたときに現金数万円もって受診ということもせずに済み
ほっとしてます。
早速歯科医を探して受診したいと思ってます。
本当にドイツってお金がかかるシステムで決まりが多いなと
つくづく思います。
しまテストジャパンからのお知らせ
しまテストジャパンのホームページを一部リニューアルしました♪
プロフィールとか詳細を書きましたので是非!
No tags for this post.