shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ語

ドイツ語クラススタート!

どうも!
大仁田厚をほうふつとさせるような
39歳DE学生生活のスタートのしましまです_| ̄|○

 結論から言うと、初日でげっそりです。

4時間ぶっ続けでものすごく早い進みで勉強をし
気づけば休憩時間トータルで30分以下!

ドイツ語ができないから通ってるっていうのに
容赦なく早口な先生が2人でドイツ語オンリーでの授業です。

 しまおらもこういう環境で毎日授業を受けてるんだろうなぁと思いました。

言っていることはさっぱりわからず
先生も英語は一切使わず
あえて遅い発音などもせず
信じられないくらいのドイツ語100%! 

 
でも大体わかるのでいいのですが
しましまのように予備知識のある人が半分以下、
あとは本当にさっぱりわからないという人が半分以上いて
不思議なクラスです。

これ半年間毎日ぶっ続けでやるのかと思うとぞっとしますが
法律なので頑張ります!

そう。、なぜドイツでこんな学生生活を送ることになったかというと
ドイツの法律だからです。
すきでやってるわけじゃありません。

やるなら家でできるスカイプや近所の公民館系にしてました。

駐在などで来た人は仕事があるのでドイツ語クラスをとる必要はないのですが
その仕事で来た人についてきた配偶者ビザを持っている人で
無職で
ヨーロッパー以外の国から来た人
子供は学校があるので子供ではない人が対象(まさにしましまですね)

600時間のドイツ語クラスを公的機関で半年間でとって
半年後にA2というレベルの試験に合格しないといけないそうです!!

ちなみにレベルはA1が最も低くその次がA2
そしてその上がB1,B2となるそうです。

まあしましまのことですから受かるのは間違いないですが
毎日通うというのが結構衝撃的です。 

 
ということで初日の今日は
朝7時前に犬とともに子供らを駅まで送って
子供らは二人で電車で通学してもらい
しましまはその足でしま犬を真っ暗で雨の降る森林で散歩。
そしてしま犬を置いて学校に出かけるというハードスケジュール。

まあ朝の散歩自体はいいことですが暗黒ですよ、暗黒。
ドイツの森林はさすがに電気などなく信じられないくらい真っ暗なので
しま犬が相当ビビッてました。

お前のために散歩してるのに人間の背後に隠れてどうする!と思いますが
まあかわいいものです。
かわいいしま犬にうんこやおしっこをさせ疲れさせて
1日気持ちよく留守番をしてくれるためなら暗黒の森林を先頭でも突き進みますYO!  

顔面につけるライトがほしい今日この頃です♪

No tags for this post.