shima family
しまファミリー@ドイツ
旅行

Global Blue最新版!ドイツの免税払い戻し手続き

どうも!本日初めて免税手続きというものを行ったしましまです。
今回は、
ドイツでお買い物をした商品
日本のドイツ大使館で手続きをしてから、
日本からスロバキアのグローバルブルーに郵送という
免税手続きの流れを書いてみます。


実はしまダンナ、この間ドイツに行っていまして
ドイツでお買い物をして帰国しました。

買い物したのはiPhoneX(アイフォン10)でございます。10万以上。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

日本で買えばいいのにと思う方多いと思いますが
ドイツ携帯のいいところは、
カメラのシャッター音がならないところ。
しまファミリーは全員iPhoneなんですが
全員シャッター音なりません。
ってことで購入したみたいです。

で、しまダンナ、ドイツのハンブルグ空港で手続きをしようとしたところ、フランクフルトでしろと言われ
(フランクフルトが出国空港なので)
フランクフルトで手続きしようとしたら
商品を思いっきりスーツケースの中に入れていたために手元になくて手続きできずwww

※免税手続きは日本に戻る最終空港の免税手続きカウンターで行いましょう!現物を持って!
※ドイツの場合は日本でもできるので安心!

税金19%ですからでかいですね。

10万以上のスマホに対してなので結構でかい。

スーツケース内に入れてしまったしまダンナに対して
担当の人が、
日本のドイツ大使館で手続きできるよというので
本当かよーーーと思いつつ、日本ですることにしました。

実はドイツの場合、東京にある(大阪にも)
ドイツ大使館で免税手続きが可能!
便利ですね。
但し郵送受付はNGなので、
直接行かないといけないところがネック。

ちなみにドイツ大使館は
朝8時から11時までしか窓口あいてません。
そして、臨時休業とかバンバンありますんで
わざわざ行ったのにしまってることもあります。
遠方から行く場合は、前の日に電話してチェックするのもいいと思いますし、
サイトにも載ってます。

と言いつつ電話受付は午後のみです!

しかも代理人が行くことも可能。

ドイツ大使館にもっていくものは、

購入時のレシート
未開封の商品(iPhoneの場合はiPhone入りの箱ごと)
パスポート
お金(25ユーロ、3000円程度)

もちろんですが購入するときに
会計のお姉さんお兄さんに、
免税お願いしたいんですけど!と言わないと
免税用のレシートと封筒はもらえません。

免税用のレシートには上の方にIDがついてますのでこれが必須。

iPhoneの場合、箱の裏にシリアルナンバーがかいてありますので
レシートに印刷されたものと同じかどうか
大使館窓口の方からのチェックがはいります。
箱の中を見られることはありません。

で、レシートにスタンプを押してくれて
25ユーロ(3111円)払って終了。


さて、今度は家に帰ってGlobal Blueに郵送です。

レシートに空欄があるので、
住所、名前、電話、メルアドをアルファベットで記入!

返金方法をどうするのかという欄では
クレジットカードを選択して
クレジットカード番号とExpiredDateを記載!

と著名!

グローバルブルーカスタマーセンターというのが
千代田区外神田にあります。
03−4530−3623

本来でしたらこのスロバキア行きの封筒、
空港内のグローバルブルー専用ポストに入れると無料で送付できるんですが、
空港に行く機会がないので、
郵送で送ろうと思って、日本の千代田区の住所でいいのかどうか電話してみました。

なんとでたのが外人!Why外人INジャパン!

レシートの上にあるIDが知りたいそうで
IDを教えたところ、iPhoneをドイツ買ったしまダンナというのがしっかりレジスターされていることがわかりました。

これで、日本に送っていいのかと思ったら

配達記録でスロバキアに送ってください!

と言われました(英語)

早速、郵便局から
書状定形航空便第2の国際書留で送りました。
520円。(2019年6月)

 

ということでクレジットカードに振り込まれたらまた更新します!


しかし面白い返金方法ですねwww
購入した証拠がすでに記録として残っているのに
なぜスロバキアまでレシートを送る必要があるのかと不思議。
送る必要なくないですか??

なるべく返金したくないからあえて面倒くさい方法にしているとしか思えませんネ。

そしてドイツの場合は日本のドイツ大使館でもできるというのが、ドイツっぽいなと思います。
こういう手数料で金を稼いでしまうところが!
一回スタンプ押すだけで25ユーロって結構美味しいと思うんですがww