shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ語

英語・ドイツ語・日本語の違い

どうもー!子供らにドイツ語を勉強させていて
自分はなんとかドイツ語を忘れようと努力中のしましまです。

実は先日からオンライン講座を受講し始めました。
それが、女医が開催するアレルギー関連の講座なんですが

まさかのNew York発、もちろんオール英語、
それもアメリカンイングリッシュでして、
久々のアメリカンな英語に触れてビックリしてます。

New Yorkといったら。。。。綾部か(お笑い芸人)

4ヶ月毎週地道に教材を読んだり動画を見たりするのはもちろんですが、
毎週一回オンラインでのグループワーク授業もありまして
英語自体は全く問題なく聞き取れる上に
100%理解できるんですが
とにかく話すのがびっくりするくらいできなくて
結構ヤバいです。

ドイツ語がでてきてしまうドイツ語あるある。

っていうかドイツ語のほうが楽!
っていうか今までドイツ語漬けだったので英語の話し方忘れた!

って言うことで、子供らへのドイツ語も大切ですが
もうあと数日でテストなのであとは適当にやってもらうことにして
自分がこれ以上恥をかかないように
ドイツ語は一旦封印予定です。

ちなみに子供らも、帰国子女受け入れ高校に通っていて
特に上の子の高校は日常的に英語を話す機会が日本語よりも多いので
(どっちも私立じゃないです)
上の子は英語がでてきて困っているという。

しかし英語ってノド使わないですねーー。
英語は顔と口をすごく使う言語ッスね。
あと舌先を使う感じです。
で、あんまりオリジナルな文章がないので
すでに与えられている文章を自分なりにリズミカルに発音していくということに重きを置かれている感があります。

ドイツ語はノド!特にノド奥。
舌の奥側を使うイメージありです。
ドイツ語は英語と違って非常にクリエイティブな印象があるので、あまり似た文章を見ることがないと言う。。。。
決まり文句はいつも同じで短めの命令調ですが、
長い文章になると、文法ミニクイズ!みたいな感じなので
話している側が面白い、俺って頭いいでしょーという醍醐味あり。聞いてる側は間違い探しをしつつ内容に集中できるという楽しみもあり。
話し方よりも文法の方に脳を使う感じがあります。

日本語は特にノドも口も顔も使わずに
多分使うのは。。。。。「気」??
話す側と聞く側の上下関係の図り合いバトルが最後まで続くという感じがあるので、
笑顔になったほうが負けというか
笑顔&過度なうなずきで相手に媚びを売って下手に出る話法??って感じがします。

で定型文みたいなものがめったにない上に、
文章全体の並び順不同だし
自由な文法と言葉がたくさんありすぎるので、
ドイツよりもオリジナルで言葉自体に個性がありすぎ!
そのため発音とか顔、舌とかの動きは全く関係ない感じがあります。

言語によって集中箇所が違うわけです。
英語は多分話せるとかっこいいと言う理由がそこにあるというか、話し手が素敵に見えるような言語が英語だと思います。
英語を話している人は正直かっこいいです。

ある外国人が
流暢に英語を話すと、
ペラペラ話しててかっこいいなー
英語をひたすら話して勉強してきたのね!と思うし

流暢にドイツ語を話すと、
こんな難しい文法なのにペラペラ話してて頭いいなー
文法をガッツリ勉強してきたのね!と思うし、

流暢に日本語を話すと、
日本語という言語を選択してわざわざ勉強して個性的だなーえらいね、日本のどこが好きで日本語を?
やっぱり漢字とかも書いて勉強してきたんでしょ!と思います。

 

ってことで日本語と英語があまりにも違いすぎるので
ちょっと英語モードに切り替えないとですね。