shima family
しまファミリー@ドイツ
帰国子女受験(中学・高校)

帰国子女編入試験対策。塾なし

どうも、最近目が死んでるしましまです。

引越し準備もあるってのに、引っ越し準備は一切してませんね。
そんな時間は一切ない状態の日々。。。。

そう!子供の受験ですよ、受験!

先日相当バカにしてたけれど最後まで見てしまったお受験ドラマがありました。
下克上受験 By 阿部サダオ←芸名のネーミングセンスが最高ですね♪

あれってノンフィクションだったんですね。最後に知りました。

まさにあの下克上受験をまさか自分が地で行くとは思っても見なかったぜ2017年夏orz

受験に向けての勉強というものを一切してこなかったので
まあ大変ですよ。勉強をさせるのが!

ただ、ある意味すごいのが、普段遊びまくっていて勉強してこなかったドイツ生活で
久々に3人で結構な勢いで本気出してること。
遊んでた人間の底力というか余力はすごい。

アリとキリギリスで、キリギリスなんだけど、ひたすらずっと寝てて
ありがゴールしそうな瞬間に突然おきてアリを抜かしてゴール!みたいなそんな心境です。

普通作文って、毎日タイム測って書くか??と思いますね。
とにかく作文漬けの毎日で、学校別に対策をねって色々なパターンで書かせてます。
日本についてすぐに試験、しかも連日wなので、
時差ボケと戦いながらの作文ってことで、
そういうのを想定して疲れてるときにも容赦なくタイム測って作文書かせてました。

鬼母!

この間、母になるって言うドラマがありまして
バカにしながらも最後まで見てしまいましたが、
まさに、母になるというか、鬼になる、そんな域に達してます♪

塾の先生も大変ですよねーー。
できの悪い生徒を教えるのも、できの良い生徒の場合さらに伸ばすのも。

しまおらははっきり言ってバカではないです。
かと言ってエリートでもないです。

二人共性格も方向性も全く違うので
2人の個性に合わせながら個別指導!そういう指導をしてきました。
できる教科は伸ばして、できない教科は徹底指導という。

ただ、比較対象がいないからどれくらいバカなのか頭がいいのかもわからず。

とりあえずみなさんどんな対策をしてきているのか全くわかりませんが
完全孤立生活でしましまが施している内容です。

作文
毎日タイムを測って書く。テーマはしましまのオリジナル
添削もしましま。
あまりにもダメすぎる場合しましまが書いたものを清書させて再度やり直しという鬼っぷり。

面接
フレンドリー系、圧迫系、オラオラ系、ツンデレ系など
ありとあらゆる面接官を演じきってます。

集団面接
1人3役。
アメリカからの帰国子女で反日系。英語なまりがハンパなく、しかもしまおらの意見にいちいち反論してくるキャサリンというキャラ。
ちょっとおとなしめだけれど正論しか言わない仕切り役日本人女子タナカというキャラが確立。
プラス高校生の集団面接なのになぜか存在する40代しましまというキャラ。
あまりにもありえない3人と練習していて実は逆効果??
明日から男キャラも含めようと思いました。

英語作文
英語作文は任せろ!でおなじみのしましまです。英語か日本語かを選択できる学校がありますね。英語作文は日本語と書き方が結構違う上に、ドイツ語とも違うので、激しく戸惑うしまお16歳。。。。
昨日は5時間以上も英語作文に費やしてしまいました。

ってことで、ひたすら作文と面接でマンツーマン指導をしているので
夜になると脳内が熱いし、眼精疲労もすごく、話しすぎて喉も痛いという。

塾に行ってる子は塾で全部教えてもらえるからいいよなぁと思いつつ
塾で教えてもらうほどのことか??と思っているのも事実。
中学受験レベルは親が対応可能ではないかと思ってます。
これで全部落ちたらおかしいとすら思いますね。←何この自信?!
といいつつ落ちたりして。
まあ自力で自分の考えだけでやってるので落ちる可能性は十分あります。

実は本当に日々子供の伸び悩み、吸収力の悪さ、作文のセンスの無さに苦労して、何度も諦めかけていたんですが、
さすがに毎日作文書かせていたらかなり向上しまして
気づけばどんなお題でも何語でも対応できる子供らになってしまいました。うぇーーい!

しまお14歳なんて、特に、本嫌い、活字嫌い、思考能力ゼロなのですが
どんなことでも考えること、
例えばペットボトルがあったら、「あ、ペットボトルだ」ではなく
「なんて透明感のあるボトル!中央がくびれていて女性を彷彿とさせるフォルム。」等など激しく想像力を膨らませろ、とひたすた説いていたら
数日前から急に伸びてきました。
吸収遅っ!でもよかった、最終的に吸収してくれて!

おかげで、どうでもいい、全く自分に関係ない国のどうでもいいニュースの記事を読ませても、自分の知識をフル放出し、しっかり作文が書けるようになりました。

7年間の日本語のブランクがあるのになんとかここまでいけてるのは
確実にしましまのおかげだろ!と鬼度ますますアップ♪

日本への帰国は残念ですが、そんな中、最近日本への帰国のメリットを見つけました。
教育は学校に全部おまかせでOKになるってこと。うぇーーい!

今までずーーーーーーーーーーーっと7年間、
子供らにドイツ語も英語も日本語もその他教科も教えてきていたのですが
これが開放されるって結構肩の荷が下りますね。
そもそも日本人だから日本にいたらドイツ語をやらなくてもいいわけだし
しましまはもう何も教えることありません!
これが日本帰国のメリットです。

ってことで、あと少しで合格(OR不合格?)のゴールが見えているので
楽しいハイスクールライフOR中学ライフをおくってもらいたいものです。

一時期、落ちるのではないか、
こんなダメ家族受け入れてくれる学校なんてドイツ現地校しかないんじゃないか、
中卒就職??はたまた高校受験浪人???と怯えていた気持ちがだいぶ解消してきまして
成績もいいし、作文も書けるし、面接パーフェクトだし
相当ホッとしてます。

編入試験ってそもそも各数少ない学校だけ、しかも若干名を募集しているので相当な倍率なのですが、
なんとかどこかには入れるような感じで仕上がってます。

受験が終わったら家探し、車売却、Ebayで出品しまくりを予定しているのでやること盛りだくさん。

といいつつ、あとは数学ですね。
数学の試験もあるのでこれから数学の鬼と化します!!

でも正直しまおらがうらやましいです。
こんな家庭教師(しかも教え方がすごく上手)みたいなお母さんがいて。

はっきり言ってまだ受験してもいないし合否もわかってませんが
自分の教え方がうますぎることが身を持ってわかったので
この受験準備、自分にとっていい経験でした♪