shima family
しまファミリー@ドイツ
おすすめ教材

応募書類を送付。(転職ネタ)

どうも!職業婦人しましまです。
職業婦人と言うか職業ロボ!っつーか働き蜂??
仕事に落ち着きのない状態ですが
皆さんいかがお過ごしですか??

思えば今年も激動でしたが
5月からパート開始
7月にC1の試験を受験、VHS通学はここで終了。
ゼロからでも4年頑張るとドイツ語ってC1まで行けるんですね。

8月に起業申請(ここから1ヶ月ほどほぼ毎日のように税務署とのやり取り)
9月にようやく起業ができて10月現在、ある会社を発見してしまい応募書類を送付している状態です。

10月末で6ヶ月の試用期間が無事終わるので
本来ならこのまま有給とかバンバン使って1年働くのが筋でしょう。
(ドイツではパートでも年間30日の有給をリアル消費して可能。病欠はまた別に休んで可)
自分でも1年は最低働きたい、そう思ってましたし、そう思ってます。

が、1年働く意味って何なんだろうと思ったときに
そう、履歴書の見栄えのためなわけです。
もし、同じ販売員として1年働いた人と
販売員半年のあとに、すぐさまブランクを開けずに販売員よりも時給がかなり高く仕事のレベルも高い事務職についたとしたら!?
どっちのほうが見栄えいいっすかねぇ。。。。

まあ見栄えというよりも、二者択一で常に良い方を選択したい、ただそれだけです。
はっきり言って主婦の特権だと思います。
これ、一家の大黒柱だとそうは簡単に転職できませんが
しまダンナがしっかりした地位を築いているがためにある意味やりたい放題♪

ってことで、ダメ元でとりあえず送ってみました。
ダメ元すぎるために、カバーレターはあえてマニュアル通りではなく
思いっきり自分をアピールしつつ、アピールしすぎて出来杉君状態だったので
自分のダメな点もしっかり明記するというすご技も使ってみました。
だって実際外人でドイツ語下手なんで。
ドイツ語が下手以外ははっきり言ってパーフェクトではないでしょうか?
あ、あと年齢。老け込みすぎだぜ!

さらに強気に、条件が合わない場合は不採用の連絡をくださいという一文も添えてみた!

まあ、就職活動ってのは、
会社が自分の欲しい人材がほしい時期にうまい具合に来たらとるもんだと認識してるので
就活練習として数をこなしていきたいと思ってます。

最近は人のブログとかネットサーフィンなどをせず
ひたすら転職サイトを見て楽しんでまして、
なければないでいいし、
うっかりあったら釣り上げる、という
おっさんの気長な魚釣りみたいな感じでやってます。

小魚釣りに行ったら本マグロ発見!くらいの衝撃だったので
釣り上げたいッスねーーー。

とはいえ、せっかく慣れた今の会社も捨てがたい!
だって2人以外みんないい人だし、売ってる商品が好きすぎるから!

ってまだ受かってない上に連絡すらもらっていないですが
何気に受かっても嬉しいし落ちても嬉しいという
完全にポジティブ人間になってます。

ちなみに実はリアル本命の本マグロがもう一匹泳いでまして
ここがダメならリアル本命にいき
これもダメならやりたいことがまだあるんで
もう自分で自分を忙しくしている、そういう状態です。

そんな忙しいしましまですが
今朝はベビーシッター、
その後タクシー代をケチりたいしまダンナを空港に送りにいき
(でもしましまの自腹ガソリン代がむしろもったいない気が。。。。)
アジアショップで味噌を買い
(Hamburgにある酒井商店という日本人が経営している店の冷凍庫に入れている味噌が激ウマです。もうほかの味噌は買えません。高いですがオススメ!
高いですが合わせ味噌をぜひ買ってみて欲しい!)
それから老人とカフェり、
夕方はしまおらの漢字学習のチェックをし
先ほど庭の芝刈りをして、庭で暴れまわったしま犬を洗い、
書類作って気になる会社に送りつけ(メール)今に至るという。

そして、これからとんかつを揚げようと思ってます。

余談ですが最近本屋で買った本がこれ。
読みやすくて結構面白いので、オススメ。
しましまはこれならドイツ語がさほど難しくないので(とは言えC1レベルですが)
バイトの往復の電車でいつも読んでます。
やっぱりドイツ語を読むよりも、ドイツ語で読むのが楽しいですね♪
日本語も英語もドイツ語も本が読めるようになるのが最終目的だったので一応目的レベルはクリアしたくさいです。
小説を読めるまでのレベルにはまだ達してないのでこういう下世話系の本に走ってます。

No tags for this post.