shima family
しまファミリー@ドイツ
インターネット関連

ブログを公開することの意義

どうも!ブログで自己主張、しましまです。

最近うれしいことがありました♪
実は、バイト先に日本人女子が勤務してるんですが
ブログを書いているしましまを発見!
それもC1受験でググっていたらみつけたそうで、
C1で検索するとこのブログが出てくるという衝撃事実もゲット。
C1のカリスマなのか?自分??

自分がブログを書いていることはあまり知り合いになった人には言わないのですが、
基本的にブログを書いていることを人に言わない理由、
それは、
こんな下品なブログを読むように強制しているみたいで相手が苦痛に思うかなという単なる配慮。
本当は万人に宣伝したいくらいです。
春になると裸でトレンチコート来て女子校の前に立つ露出狂変態親父と同類ですが、まあそんなもんです。
でも意外に教えたほうがいいのかななんて思ったので、
(さほど迷惑でもないっぽい)
今後はなるべくいう方向で行きたいっすね。

しましまのブログを見ている方は、結構知り合いが多く
親戚や友人も多いですが、恩師もいますし、しまダンナの知り合い(会社!)も多いという状態で
だったら言動に気をつけろ!と思いますが、
実社会では実はこんなふざけた言葉遣いをするような女では決してなく
むしろ軽く正反対みたいな?
このギャップがたまらないですね♪

っていうか匿名でいる理由ってそもそも何なんでしょうかねぇ。
過激な書き込みにしろ、こうしてブログを書くにしろ
まあ職業で書いてるわけではなく、
ブログを書くことで一銭も稼げるわけではなく
むしろ情報を与えまくり、という状態なわけので
ここではしましまという名前を使ってますが
ブログって人にとっていろんな意義があるよなと
Facebookにしてもツイッターにしても最近色々考えてしまいます。

Facebookは、しましまはリアルな知り合いもいて楽しいんですが
基本的にFacebookをしてる人って、リア充オンリー&やたらポジティブな人種ばかり。
まあしましまもリア充でポジティブなので、非常に自分が高められていい場所ですネ。
人を羨ましがったりひがんだりする人は向いてないと思います。

ドイツ人は大体ネット上で知り合った人ばかりで
大体チャットとかメッセージのやり取りをする中で
はっきり言ってメリットが相当あります。
そもそもコメントを日本語とドイツ語の両方で書いてるんで
ドイツ語の勉強には相当なってます。

ただ、Facebookは自分の宣伝(仕事)をしている人がかなり多くて
そういう表面的な感じの文章を見てると結構疲れるんで
やっぱりブログにしても何にしても、本気で語ってる系は好感持てますよねー!
ちなみにAmebaというアメブロのブログは
商業系の匂いがプンプンしますし、規定が気に入らなかったので今使っているBloggerに変えました。商業系ブログは興味なしです。
人に日記を見せたい&人の日記系が読みたい!そういうノリで書いております。

日記と違ってブログのいいところは
読んでコメントをもらえるところでしょう。
学生時代に日誌とか書いて先生からコメントを貰ってましたが
超なおざりコメントで超幻滅してましたし
女子同士の交換日記系の場合、しましまが書く以上に書く女は1人もいなかったし
文通の場合も同様でしましま以上に手紙を求める女が1人もいなかったので
もう書きたくてしょうがない人はブログがいいみたいですね。
そしてたまに人からリアクションが来て、浮足立つみたいな!

やっぱり書くからにはたまにもらうコメントで
どういう風に人が思っているのかを知ることができますし
そういうことで自分が向上できるから、ブログって素敵なツールですね。

さらに、海外にいるので、日本在住の人はある意味しましまの生存確認もできますし。

余談ですがアメブロについて一言。
よく、アメブロ限定記事というのがありますが、
限定するような記事ならそもそも公開すんな!と言いたい。
エロ本の袋閉じみたいなものと認識してます。

さらにアメブロで記事を書いている場合、
自分が書いた記事でもアメブロのものということになっているみたいです。

その点しましまが使っているBloggerは横のつながりとかコミュとか一切なく
完全に独立系、見た目超シンプル、一匹狼系ブログ媒体なので気軽に書いてます。

No tags for this post.