shima family
しまファミリー@ドイツ
子供

駐在員の子供の日本語教育について

どうも!
本当は選挙ネタを書きたい気マンマンなんですが
炎上するのもドン引きされるのもどうかと思うので書かないでおきます。

今回はシブい話題で。
しまおらは中2と中3の立派な青年になってしまいました。
ヒゲも生えるしすね毛もボーボー。
あんなにかわいかった少年時代がウソのような変わり果てた姿!ほとばしる脇汗!

こいつら、小学2年と3年の途中から海外に来まして、
それからずっと、補習校に一切行かずに
日本人の子との接触皆無で生きてきました。

日本語は漫画と小説と新聞としましまらとの会話オンリー。
もちろん週末はがっつり日本の教科書を使って学習していますが、
漢字だけはおろそかにしておりまして、
しまお15才が中3になった4月から、来年から高校かよ!と焦り始め
漢字ドリルをひたすらさせております。
先日しまお15歳は二倍量をこなしていて、中1の漢字は全部終わらせました。
でも中3ですから!先が長い。。。

漢字練習はとりあえず同じ漢字というか文を文章を見て正確に1回書いてもらい
その後でフリガナだけを見て漢字を書くという行為をしてもらうので
合計2回しか書いてませんが、一応毎日30個位の漢字入りの文章を書いてもらってます。普通のノートを横にしてもらって縦書きで。
ちなみにこいつら漢字練習をボールペンで行ってます。

まあうまく行けば中3の最後までにはギリギリ終わるかなって感じです。

来週しまお15歳は現地校の8年生が終わるので
9月から9年生になります。
4月から高校生ということで、日本の高校生教材も買って教えないとななんて思ってますが
まあ高校って言ったら数学と英語と国語くらいでいいと思えるし
英語は高校卒業程度の英語力は持ってるので
しましまの課題は数学と国語だな、The高校教師!ってことで頑張りたいッスね。
っていうかしましまら、いつまで滞在してるんだよ!と
ツッコミの一つでもいれたくなると思いますが、
日本の偏差値の良い高校、有名大学、就職活動を経ていい企業という流れから
そもそも外れていて戻す気一切なし!
自分の中ではいい子らに仕上がっている気がしてならない今日このごろ。

しまおらはストレスフリーで、
受験生のくせに毎日の勉強時間30分程度という状態なので
とりあえず2人にはしこたま小説を読ませてます♪東野圭吾ですが。

受験生でこんなに小説を読んでるのかくらいに読んでます。
ちなみにしまお13歳もだいぶ読めるようになってきました!
しましまは昨日うっかり容疑者Xの献身を読んで涙。
小説っていいですねー。

No tags for this post.