shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

タイヤパンクでレッカー事件

いやあ、ドイツで初パンクのしましまです。

しまお14歳がサッカー合宿から戻ってきまして、
ハンブルクの集合場所に車で迎えに行ったのですが
その駐車場でいきなりパンクしていたみたいで、他の親から指摘されました。

で、パンクといえばタイヤ交換!
タイヤ交換といえばスペアタイヤ!

という発想の40代しましまで
タイヤ交換歴も、1人で交換したことも何度もありますし
ロンドンでも人のベンツのタイヤも交換したこともあります。
(ベンツの交換キットがいたれりつくせりで最高で衝撃)

ということで後ろに積んであるとおもいきや
まさかのスペアタイヤ部分が空っぽ!!

レッカー会社(自分の入っている車の保険会社)に連絡し
大荷物を持ったしまお14才と30分ほど待ちましたが
電話がかかってきて、また1時間待たせてしまうというので
大荷物持って歩いてバス、その後電車で家まで戻ることに。

で、戻ってる途中に電話があったので
今度は即チャリで現場に向かい、巨大な車に積んでもらって
いつも点検で行っている修理工場まで運び去られましたが
いやいや、荷物持っての大移動だったりその後チャリで猛スピードで走ったりして
いい感じでさらにマッチョになりました。

で、戻ってきて夕食後に着物女子(ドイツ人)とチャットなどしたんですが
最近はスペアタイヤなんて積まないよ!との衝撃事実!
しまダンナの車にもスペアタイヤなんて積んでおらず、
その代わりにスプレーみたいなのが積んであるようです。

で、スプレーって一体??ってことで検索してみたんですが
衝撃の事実!

タイヤの中に液を注入するんですが(500ml程度)
注入前に空気を入れる電動ポンプみたいのもついてまして
それで空気を入れて膨らませてから液を入れ、
穴が塞がってないけどとにかく走る!という手法。

なんで??と思いますが、
遠心力で液を全体に広げ、その液が穴の部分をふさいでいくらしいので
相当な負荷をかけた運転をしようとも
高速道路で高速で走ろうとも
巨大トラックのタイヤであろうとも
この液さえあれば大丈夫みたいです。

遠心力なんてドリフのコントで利用するくらいしか
利用方法がないと思ってましたが
文明の利器っすね!

そして自分の老いにもびっくり。
こんな液の流行、しらなかった!

ちなみにアメリカにいた頃、1000円位の中古タイヤを常に買ってまして
中古なだけにとにかくすぐパンクしてしまい
パンクするたびにまた中古のを買うという方式で
とにかく自分で道端でタイヤを交換していた経験が相当豊富です。

そういえばロンドンにいた頃自分のタイヤもパンクした経験があるなと
今思い出しました。
あの時はスペアタイヤ積んでました。
ボルトが固すぎて、しまダンナがきてくれまして
一緒にやったのですがピクリとも動かず、結局業者に来てもらってタイヤ交換してもらった経験アリ。

そう、3年前まではスペアタイヤの時代でしたYO!
間違いなく!
一体いつの間に??と思ってしまいました。

ってことでしまお14歳は楽しい合宿をエンジョイし
なんだか日焼けしてドイツ語漬けでドイツ人化して帰ってきましたが
家に戻ったらSAPIXテストが待ってまして、
昨日は英語と理科をさせ、
今日は残りの3教科をさせて送付予定ッス。

人生初の模擬試験。
ちなみにこの人、テストの際に自分の名前の上のフリガナの部分がカタカナでフリガナと書いてあるとカタカナで書くというルールを知らなかったので教えましたが
自分の名前のカタカナもど忘れしている始末で
大丈夫かこいつ??という感じです。

サピックステストですが、しまお12歳にとかせてみたら満点!
しまお14歳は半分くらい間違ってる感じがします。
語学にしてもスポーツにしても何にしても、センスって大事だな、と思いました。

確かにイチローは努力してるのはわかりますが
センスがない人がイチロー以上に努力しても絶対にイチローになれないので
向き不向きを見極めるって大切だと思うし
勉強というものに向いてない人は無理してする必要もないなと感じてます。

よく、勉強をたくさんしてTOEIC満点とりましたとかありますが
そういう人の成功論って一切参考にならないと思います。
そもそもセンスがあってそもそも頭がいいんだと思います、生まれながらに。

勉強もスポーツもダメ、顔もブサイク、センスもないという恵まれない人はじゃあどうすればいいのか、
性格を磨くしかないですね。
性格は努力で変えられますから!
むしろ性格さえ良ければみんなに好かれるはずです♪

No tags for this post.