shima family
しまファミリー@ドイツ
子供

ドイツの性教育の授業。ローラースケートの授業

どうも!最近ギターばっかり弾いているしましまだぜ!

ところで、今日はしまお12歳が帰ってきていきなり
「コンドームについて勉強してきた!」というのでびっくり。

しまお12歳は現在ギムナジウムの6年生(中2)にいますが
しまお14歳も6年生の時に性教育の授業を受けてます。

その時は担任の男の先生が
バナナにコンドームを装着したのをみんなで見たり
その他の避妊道具数種類をみんなでまわしてみたり
そういう授業だった模様。
男女一緒です。

で、しまお12歳の今日の授業は性教育第二回目で、
前回は説明のみ、
今回は3,4人ごとに一つずつコンドームが配られ
色々な色のコンドームをみんなで開封し
広げてみたり膨らませてみたりしたそうです。

「俺のコンドームは無色だった」


自分の子供からこんな発言をされる日が来るとは!!
ドイツってすごい国です。

先生は女性なのですが子供がいない若い先生、既婚、だったので
画期的な授業だったようです♪

「コンドームには消費期限があって、俺のは2018年までだった」
という気付きもあり、
まあ実践的で素晴らしい授業なんじゃないでしょうか。

一方しまお14歳は、体育の授業がローラースケートで
体育館で、体育館シューズを履いて、その上から学校に大量においてあるローラースケートを履いて(サイズは調整可能)
ヘルメットをかぶって授業するという画期的な授業。。。。

担任の先生はトルコ人女性で、見た目がバリバリのトルコ人なのですが
多分40代後半くらいでかなり厳しい性格で
でも体育と英語が専攻という人。

よってこのおばさん先生がローラースケートを教えてくれているのですが
もちろんすごく上手らしいです。

本当にいろいろやっていて面白いですね、ドイツって。

No tags for this post.