shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

車との事故について(必読)

前に書きましたっけ??
11月末に接触事故を起こしたしましまですが、
接触事故と言ってもごくごく軽いもので、
近所のスーパーの駐車場で買い物後に出口に出ようと停車して待っていたら、
他の車がバックで下がってきてしましまの車の後部に激突という状態!

しましま=一切悪くない
相手=おじいさん、100%悪い
事故の状態=塗装のはげとへこみ程度
怪我など=一切ナシ
場所=スーパーの中の駐車場

どうです、この状況。

これって自分に非がなくても事故というものはいつなんどきにも
そう!これを読んでいるよいこの皆さんにもダンディズムなあなた、熟女のみなさんにも
起こるわけです。

はっきり言って基本的に事故とは、基本、無縁じゃないですか??

そして事故が起きた場合基本的に結構大きい系だったりしませんか?

大きい系だと確実に警察を呼ぶということが頭をよぎりますが、
上記のようなケースの場合、
警察を呼ぶOR呼ばない、さあどっち!

正解は、呼ぶ。っつーか確実に呼べ、です。
どこの国であってもですYO!

さあここから呼ばないとどうなるかという話が待ってます。

相手にぶつけられたしましま、
「やっべぇ。ドイツ語話さなきゃだよ」と焦りましたが
相手のいい人そうなドイツ人老人があっさり非を認めて謝ってきたので
ある意味びっくり。

で、こういう場合はどうするのかその人に聞いて、
今すぐ保険会社に電話なんですかねぇ??と聞いたところ
保険については私が家に戻ってやっておくから
保険会社の番号とお互いの連絡先と車のナンバー交換をしましょうということになりました。

で、家に戻って保険会社に電話するものの
自分の保険会社に電話したら弁護士の電話番号を教えられ悪意すら感じ、
相手の保険会社は電話が通じないのでメールを書いたのですが
この時に警察に連絡するなんて思ってもみませんでした。

そして月日が経ち、双方の保険会社から書類が届いて事故状況を書いて説明するのですが
警察に届けていないということで
警察からもらえる「事故証明」もなければ、目撃者もいないため
こんな風に決まりました。

1.相手の保険会社がしましまに修理代の50%を支払う
2.しましまの保険会社はノータッチ
3.しましまは自腹で修理代50%を払う

で、2社に見積もりをもらったところ
1社では約20万程度かかると言われ、
もう一社では9万円程度だったので、安い方を選択。
まだ修理に持って行ってませんが、
たかがかすり傷程度なのに全交換パーツがある為にこんなに高いという。。。。
バンパー全部ッス。

直さないという選択肢もありますが、
やっぱり見るたびに不快だし、そのスーパーは怖くて駐車できないので
金払って直して半額もらい、
相手には手紙を書いて修理代のコピーも同封予定。

と、警察にいわないだけで、事故証明がないだけで
とにかく証明が大変で金も自己負担なわけです。被害者なのに。

ギターが1本買える値段を支払うので当然エレキはお預けですが
世の中神なんていねぇ、そう思いましたネ。。。。
ドイツに来てこんなことばっかりです。

ただ、4万ほどの授業料で、
「事故が起きたらとにかく警察に報告しましょう。当日に」ということを学びましたので
例え歩行者であろうと、自転車であろうと、
子供であろうと、事故にあったら警察に報告して事故証明をもらうべし!
保険会社ってのは事故証明で動きますんで!
また、事故証明を出すのは警察の立派な仕事なんで躊躇する必要一切ナシ!

まあこのブログも200人から500人程度の読者がいますので
この4万の授業料がきっと役に立つのではないかと思って書いてみました。
やっぱり4万の授業を一人で受けるのはもったいないッスよね♪

あと、事故が起きたら警察にということは
教習所では教えないです。だから知らなったしましま。
学校でも教えないので、是非お子さんがいたら子供にも教えるべしです。
警察に届けないとむしろ被害者が損します!!

No tags for this post.