shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ブンデスリーガサッカー観戦(画像アリ)

どうも御無沙汰です!
今朝は4時起きで激疲れだぜ。
でもリサイクリングセンターに行って大量廃棄したり
一日が長い割にまだ昼というこの状況。。。。
もうしまお13歳問題等などいろいろあってとにかく大変な先週でした。
今日もですが。
そんなしまお13歳の試合。
この試合の後に直接サッカー観戦に行ってきましたYO!

前からしまお13歳のサッカーの試合は断っていたのですが
(ドイツのサッカーのチケット、1人84ユーロ×4人分という末席のくせに激高なので
他に予定なんて入れたくないッスよね♪)
しまお13歳は意外にサッカー上手、スタミナ満タンなため重宝され、
サイドとかフォワードに位置して得点にからむ系のポジションでフル出場
そして断ってるのにこの試合に強引に呼ばれてます。そして、勝ちました!

見てほしいのが中央のしまお13歳のガタイ。
超痩せてますがこの身長。でかいドイツ人の中で何気に負けてないという。。。

こいつの試合が終わって、すぐに車に乗せ、
急いでHSV(ハンブルガーSV)とバイエルンミュンヘンの試合会場に行ったのですが
警察官だらけ、道路封鎖だらけで、どの路上もガッツリ数珠なりに車が停まり
結構遠くに停めてひたすら歩きこんな会場につきました。
高級チケットなのに10分以上もタイムロス!!

ワールドカップに出ていた選手が大量にいるこの試合。
非常に楽しかったです。
0対0という内容ですが、激弱のハンブルガーが相手を抑えたのがすごかったし
ノイヤーというイケメンキーパーがイエローをもらっていたのもナイス!

ポップコーンがでかい。がおいしい!
その他食べ物全部おいしいのでドイツは素晴らしい。

アーセナルじゃなくてバイエルンミュンヘンの客
ビールの売り子は若い男子。

立見席の手の挙げっぷりがすごい。
ハンブルガー側。
どっちも応援がすごすぎて鼓膜破れそうでした。
イギリスのサッカーも見ましたが
ドイツのサッカーは客が激しいぜ。

ノイヤー。超イケメンです。
キーパーのくせにいつもグランドの中央まで出てきてます。
負け続きでランキングビリのハンブルガーに新監督が来てその一発目の試合。

ノイヤーがイエローカードをもらった時の騒動♪
そして走り去るノイヤー。
こんなに楽しい場所があるなら毎週でもきたい。そう思いました。
やっぱりサッカーは生で見るとテレビで見れない動きが見れてすごく参考になります。
ボールがないところでの選手の動きとか。
プロなだけにうまい!
そういえばしまお13歳事件についてですが
ヤツ、授業中に絵をかいていて怒られました。
その絵も中指をたてている美しい手のデッサン画。
日本で高齢者だと多分中指をたてた絵という意味すら不明だと思いますが
ヨーロッパだと中指をたてる絵はものすごくタブー。
なのに異様にうまい絵をかいて友達に見せていたら怒られたという。
そして先週の保護者会でしましまは残され
先生にその絵を見せられ説教され、
9時過ぎに帰宅してしまお13歳を徹底的にしかりつけ
先生に反省文を書いて持たせたところ
反省文を先生に出すのを忘れた金曜日。
ってことで週末にこいつ自身にも反省文を書かせて
しましまも反省文を書いて持たせましたが
果たして月曜の今日は渡せているのか。。。。
とにかく物忘れが激しく集中力がない。
また何気に上から目線男のようで
簡単な授業だと集中しない、
嫌いな授業でも集中しないというわがままな性格。
全く同じに育ててもしまお11歳は超優秀児童。
簡単な教科だと100点を狙い、その他教科でも常に1番を狙う男。
なのにしまお13歳はこんな感じなので
しましまらの育児は間違ってない、DNAによるものなのだと思ってました。
が、たとえば有名芸能人の子供が犯罪を犯すことがよくありますが
有名芸能人の子供って基本的に優れたツラガマエ、
そして優れた才能を持っているわけです。
なのに二世タレントとして華々しく活躍できる人と
そうでない人がいるとなると
これってやっぱり親のせいも半分あるなと思えてきます。
ちなみに今はやりの不登校。
これは親のせいではないと思います。
多分学校という組織が嫌いなのではないかなプラス
基本的な性格がデリケート!
日本で不登校が増えていますが、
こういうアクションで学校の変な制度が変わったらいいのにと思います。
制服をなくし校則をなくしたら多分不登校の子はいなくなるのではと推測。
同じように育って違う子ができるのは
きっと同じように育てた自分が悪かったんだな
子供のDNAにあった育児をしなかったからだなと
反省&改善中!!
ってことで、育児にお悩みの方々。
しかも兄弟のどちらかに問題がある方。
多分同じにやってるからダメなのでは??
中学生くらいになると性格がガラッと変わるんで
とにかくその変貌っぷりに対して
こっちも変わらないといけないぜ。
ちなみにしまお13歳が書いた絵はぞっとするほどうまかったです。
かなりしかりつけたものの
一応しましまがアドバイスしたことは
「タブー系に触れる時は、いったん大物になってから。」
何事にも実績ってもんが必要ですよね♪
ってことで、人物描写とか植物の絵とか描いてまわりに認められてから
タブーに挑戦してもらいたいものです。

No tags for this post.