shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツの城を見てきたぜSchweriner Schloss

イースター休みも今日で終わりです、北ドイツの場合。

しま家はなんと犬連れで今回のイースターはシュベリーン城というところに
行ってきたぜ!

それも車で行き、ホテルに一泊!

本当はノイシュバンシュタイン城という立派な城が
ドイツの南の方にあるそうですが、
ドイツのギリギリ北に住んでいてギリギリ南までの距離900キロ。

これ、車で行くとなると相当キツイゼ
100キロで走って9時間、200キロで走れば4,5時間ですが
そこまでして城がみたいか?と言われると腰的にNOなので
自分宅から一番近いドイツの城にGOということで
車で1時間半の城、シュベリーン城というところに行ってきました。

はっきり言って日帰りOKですが
犬と一緒にホテルに泊まるということも目的の一つなんで泊まってきました。

しかし、あれですね。
この城、ペンキ塗りたてで城の近くの町もドラマのセットのように新品の建物が並んでいて
オシャレはオシャレですが
求めていた古臭い城と違う!!と衝撃でした。

もっと汚れ系な修復ってできないもんなんでしょうか。
ディズニーランドの城みたいにきれいです。

で、ついてすぐにチェックインして休む間もなく城の周りを犬を連れて歩き回ったら
結構疲れたのでホテルで爆睡。
気づいたら夕方5時!
城内部は6時までということで焦って出かけて入城したわけですが
ひとけのない城内部でしまお12歳がはぐれてしまい、

しま夫婦としまお11歳だけで見学して、
他のスタッフの方に聞いたら、
「僕の家族見ませんでしたか?」と迷子のしまお12歳聞かれたらしく
まあいろいろあってお土産店のところで待っていたら
悠々自適に見学したりスマホで撮影したりして
閉店時間ですのアナウンスとともにさわやかに現れましたYO!

ドイツの城、古い絵画ばかりの中で夕方6時に迷うって結構恐怖ですが
恐怖本ばかり読んでるので楽しかったみたいです。

で、帰宅後しまだんなが爆睡し、気づけば夜8時。
イースターの土曜日の夜8時に外に出ても
まさかの全レストラン閉店という衝撃自体ですYO!

マックまで閉まっていて超焦りましたが、サブウェイだけはかろうじて空いてたんで
それを買って持ち帰りホテル内で食すしまファミリー。

翌朝はホテル内の朝食を食い、ゴーストタウン化した街を散策して
全く混んでない道路で200キロとか出して家路につきましたが、
12時前で昼飯は普通に家で食い、何事もなかったかのようなノリです。

余談ですが泊まっていた安ホテルの近くに監獄チックなバーがあって
外から見るとがい骨とか展示してあるのですが
ふと見たら客がほぼ全員仮装していて、
目があったのが確実にオバQの仮装をしている女子で
超ビビりました。

顔面が真っ白で真っ赤な口、オバQと同じ形状の口を書いていて、
白い帽子をかぶっていて
衣装も全部白でしたが
中国のニセモノ風?いや、実写版としては正解なのか?等考え込んでしまいましたが
ドイツはいろいろなところにコスプレ好きな人がいるもんだなと
一応日本文化の浸透ということで、妙に嬉しく思いますね。

それと、基本的にホテルは安ホテルに泊まってますが
ドイツのホテルはどこにとまっても
とにかく清潔、やたら広い、犬にやさしい、朝食がいい、対応が親切、ぼったくりナシ
だと思います。

まあ何をとっても日本と比べると日本の方がいいですが
ホテルは日本に僅差の勢いでドイツのクオリティは素晴らしいです。

余談ですが、サブウェイのサンドイッチですが
しましまは半分サイズですが
こいつら&しまだんなはフットロングサイズを完食。
男子はみなさんすごいぜ。

No tags for this post.
ドイツ生活

ドイツの城を見てきたぜSchweriner Schloss

イースター休みも今日で終わりです、北ドイツの場合。

しま家はなんと犬連れで今回のイースターはシュベリーン城というところに
行ってきたぜ!

それも車で行き、ホテルに一泊!

本当はノイシュバンシュタイン城という立派な城が
ドイツの南の方にあるそうですが、
ドイツのギリギリ北に住んでいてギリギリ南までの距離900キロ。

これ、車で行くとなると相当キツイゼ
100キロで走って9時間、200キロで走れば4,5時間ですが
そこまでして城がみたいか?と言われると腰的にNOなので
自分宅から一番近いドイツの城にGOということで
車で1時間半の城、シュベリーン城というところに行ってきました。

はっきり言って日帰りOKですが
犬と一緒にホテルに泊まるということも目的の一つなんで泊まってきました。

しかし、あれですね。
この城、ペンキ塗りたてで城の近くの町もドラマのセットのように新品の建物が並んでいて
オシャレはオシャレですが
求めていた古臭い城と違う!!と衝撃でした。

もっと汚れ系な修復ってできないもんなんでしょうか。
ディズニーランドの城みたいにきれいです。

で、ついてすぐにチェックインして休む間もなく城の周りを犬を連れて歩き回ったら
結構疲れたのでホテルで爆睡。
気づいたら夕方5時!
城内部は6時までということで焦って出かけて入城したわけですが
ひとけのない城内部でしまお12歳がはぐれてしまい、

しま夫婦としまお11歳だけで見学して、
他のスタッフの方に聞いたら、
「僕の家族見ませんでしたか?」と迷子のしまお12歳聞かれたらしく
まあいろいろあってお土産店のところで待っていたら
悠々自適に見学したりスマホで撮影したりして
閉店時間ですのアナウンスとともにさわやかに現れましたYO!

ドイツの城、古い絵画ばかりの中で夕方6時に迷うって結構恐怖ですが
恐怖本ばかり読んでるので楽しかったみたいです。

で、帰宅後しまだんなが爆睡し、気づけば夜8時。
イースターの土曜日の夜8時に外に出ても
まさかの全レストラン閉店という衝撃自体ですYO!

マックまで閉まっていて超焦りましたが、サブウェイだけはかろうじて空いてたんで
それを買って持ち帰りホテル内で食すしまファミリー。

翌朝はホテル内の朝食を食い、ゴーストタウン化した街を散策して
全く混んでない道路で200キロとか出して家路につきましたが、
12時前で昼飯は普通に家で食い、何事もなかったかのようなノリです。

余談ですが泊まっていた安ホテルの近くに監獄チックなバーがあって
外から見るとがい骨とか展示してあるのですが
ふと見たら客がほぼ全員仮装していて、
目があったのが確実にオバQの仮装をしている女子で
超ビビりました。

顔面が真っ白で真っ赤な口、オバQと同じ形状の口を書いていて、
白い帽子をかぶっていて
衣装も全部白でしたが
中国のニセモノ風?いや、実写版としては正解なのか?等考え込んでしまいましたが
ドイツはいろいろなところにコスプレ好きな人がいるもんだなと
一応日本文化の浸透ということで、妙に嬉しく思いますね。

それと、基本的にホテルは安ホテルに泊まってますが
ドイツのホテルはどこにとまっても
とにかく清潔、やたら広い、犬にやさしい、朝食がいい、対応が親切、ぼったくりナシ
だと思います。

まあ何をとっても日本と比べると日本の方がいいですが
ホテルは日本に僅差の勢いでドイツのクオリティは素晴らしいです。

余談ですが、サブウェイのサンドイッチですが
しましまは半分サイズですが
こいつら&しまだんなはフットロングサイズを完食。
男子はみなさんすごいぜ。

No tags for this post.