shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツ語の訃報、タンデム老人

今日はしまお12歳のサッカーコーチから訃報のメールが来て
どうこたえてよいかわからないもののロング返答をしてしまいました。
これでよかったのか?!

なんだか昨夜自分のおじいさんが事故にあったらしく
事故にあっていろいろ大変だメールが来て、一応返答し、
今日の昼に「亡くなった」というメールになり、
頑張って返答しました。

もちろんドイツ語。
しかも相手の文章がいつもしっかりしてるのに非常にパニくっている系文章なもので
結構理解に苦しみましたが何とか解読&返答です!

ちなみにしましま、腹黒いんで
こういうメールが来ると「金の要求(振り込み詐欺)か?」とかつい思ってしまいますが
本人らしいので一応安堵です。

しかしこういう痛みとか訃報とかの場合
日本人だとかなり冷静でかっこいいですが
日本以外の方々は打たれ弱いというか超パニックに陥りますね。
サッカーコーチ、かなりゴツイ感じで刺青入りなのにびっくりですYO!

今日は週1で会っている老人とランチをしてきましたが
通常はお茶程度ですが今日はしましまも老人もやけに空腹で(もうすぐ春だから?)
昼飯を頼み、ソッコーで平らげてからまだ足りなくて一緒にケーキを注文です!
ちなみに小食ですがそれでも足りないしましま。
背中から漏れてるんじゃないかとリアルに思ってしまいましたYO!

まあしましまが頼んだランチは「本日のランチ」で
サツマイモと赤カブとサラダというシロモノで
大きい皿にガッツリ盛られてきますが、基本的に全部野菜&茹で系なので
むしろ空腹感が強まった?なんて思ってます。

で老人にどうしても理解不能だったしまお12歳の宗教のテスト問題を見せたところ
一気に解決です。
先ほどしまお12歳に説明したら「そういうことか!」と大納得です。

ちなみに理解不能の問題とは
「どういう理由でそういう答えになりましたか?」という問題。

↑いきなりどういう理由でとかそういう答えとか出てきて不明でしたが
その前の問題と関連していたという!!

よく考えればわかることなのですが、日本みたいに「問1はこうなってますが」とかいうわかりやすい説明がないところがドイツって感じですネ!!

また簡単に答えを入れるだけでは許されず、抽象的に聞いて
本当に理解しているのか長文で書かせるところがポイント。

とりあえずテストに向けて頑張ります。

No tags for this post.