shima family
しまファミリー@ドイツ
子供

思春期12歳少年の変化パート2

前のブログに書きましたが
しまお12歳の変化がすこぶる好調です。

とはいってもたかが数日ですが親としてはあまりの変化に結構びっくりです。

人って変われないと思ってましたが変わるもんですね!!

忘れ物が多かったしまお12歳ですが、
まず自主性が身について、自分で忘れ物に気づくようになりました!!

また8月からこの半年間宿題を一切家でしなかったのが
宿題がない日でもしましまと一緒に勉強するようになりました。それも1、2時間。

しましまと一緒に部屋を大掃除し
例の本を参考に洋服をきっちり畳んであげたり
元に戻しやすい収納に変えたところ
使ったものをめちゃめちゃ元に戻してます!

やっぱり誰でもそうですが、管理できないほど大量にものを所持しちゃいけませんね。
また洋服ってのはきっちり畳むのが超大切というのも
例の本を読んで身にしみました。
どうせ使うから適当にたためばいいじゃん派だったのですが
そういうことを言ってる人は、どうせ汚れるんだからということで
基本的に散らかしっぱなしの人生になるわけです。

男であろうと性別関係なく「服はきっちり畳んで収納せよ」が大切ですね。
服をきっちり畳み、朝布団をしっかり整えられるようになると
やっぱり気分が違うようで、自分の部屋が相当居心地良くなったみたいです!!

あとは会話ッスね。
今までは上から目線で命令形の会話が多かったのですが
例えば手伝ってもらうのも
「腰が痛くて老化現象がハンパないんで、ORいろいろあってかったるいんで
重いものを持つのを手伝って欲しい」という旨を言うようにしてます。

やっぱり子供であろうと正当な理由を言うと、
それがたとえ老化現象であったとしても非常に納得して手伝ってくれるようになりました。

しかも男なので想像力が今一つ働かないということで
いちいち全部いうようにしたら結構理解してくれるようになりました。

で、しましまもしまお12歳もそうですが
優秀な成績を修めたいわけでは決してなく
成績がひどいがために別の学校に追放されるという事態を免れたいだけです。

日本だと1とか2をとっても補習とかあったり追試で何とか上の学年に上がれますが
ドイツだと容赦なくて、外人にも一切の容赦なしで(テスト中の辞書も説明もNG)
ダメな点数をとったら学校追放となります。

小学校で頑張らないといい中学に入れないし、
今、すでに中学生の二人ですが(実際は日本の場合の5年と6年)
中学の厳しさはハンパないです。

それも必須科目の英語、ドイツ語、数学が一つでも5か6だと追放決定。
必須じゃない科目の音楽とか美術とか化学などなどを2個5か6だと追放決定となります。

とにかく2週間に1度程度あるテストを確実にこなし
宿題や提出物も確実にこなし
授業中に何度も挙手をして発言することで点数がもらえる制度で
先生はきっちりポイントをつけてます。

はっきり言って日本以上に過酷な気がしてます。
日本はいい高校を目指して、いい大学を目指しての一喜一憂ですが
ドイツの場合追放されないための勉強なのでそれはそれは必死です。

ただ、勉強さえすれば、(暗記でなく)確実にとれるテストではあるので
そんなにきつい印象はないのですが
ドイツに来て1年半ってのだけが過酷ポイントですネ。

客観的に見るとよくやってますし学校に行って友達がいるだけですごいし
テストを理解してつたない文章で書いていることもすごいです。

が!つたない文章はNGなわけで、現在しましまと二人三脚で頑張ってます。

12歳で思春期で母親と毎日勉強するって
本人にとって相当屈辱ですが、
しまお12歳が自分の将来像を若干想像できたことが
やる気につながってるのかななんて思ってもいます。

今まで相当シャイで終始無言、ネガティブで反抗的、ソファーに常に横たわり
服装や髪形に無頓着で臭う無気力男(半年間ろくに宿題もしなかった)だったのですが

髪にはくし目が入り、朝もきっちり起きてきて、友好的態度!

人ってこうも変わるもんですね。
でも変えたのはしましまではなくてしまお12歳が変わろうとして変ったわけで
でも変わろうとういうきっかけはしましまがしつこくトークしたからであるわけで
人間の力ってすごいなと感じます。

人は人とかかわらないと変化しないし
変化するには激しいきっかけづくり&環境の変化が超重要!!

また勉強ってのは強制されるものではなく自ら学ばないと面白くもないし
すぐ忘れちゃうしで、
勉強が嫌いという子供がいる方、ぜひとも何のために勉強をするのかを
徹底的に子供と話し合うとめちゃめちゃ勉強する子になるので是非お試しを!!

ちなみに「勉強しておいた方がいい」「いい仕事につけ、いい暮らしと安定が得られるから」
という理由を言うと
多分子供が反発してくるはずなので
とにかく子供の都合のいい時間を1時間くらいもらって
一緒に質問攻めにしたりされたりを繰り返し徹底討論すると
気づけば子供が学校の悩みを白状したりなどという事態に発生したりします!

子供にいかに吐かせるかが刑事(親)の醍醐味ッスね。

敵にいろいろ吐かせるためには時間が必要なので
是非是非ゆっくり時間が取れる休日や週末をおすすめします!!

しまお12歳に急に手がかからなくなって
ビックリするくらい肩の荷が下りました。
チン毛が生え始めた秋ぐらいから2月初旬まで本当に大変でした。。。。。

次はしまお10歳か?!←しましまが12歳の方にかかりっきりで放置プレイでした!

No tags for this post.