shima family
しまファミリー@ドイツ
ギター

ギタークラスVHS。Gackt留学。

日本でいう市民講座?生涯教育??のような非常に安価なギターコースがドイツにあり
ギター弾き語り中級というコースに行き始めたしましまです!

結論から言うと、超楽しかったッス!
やばいですねこの感情。
「ギタリストに悪人はいない」こう断言できますYO!

11月くらいからしまお10歳の子供用ミニギターを弾きはじめ
マイギターが欲しくなりギターショップに数回行き店員に質問しまくり
12月下旬、とうとうこれだというギターをお買い上げ。
そして無論ほぼ毎日ある数分の隙間時間にはひたすらギターで弾き語りをし
今に至りますが
買った瞬間に「これは一生続く自信あり」と確信したので
2月からのギター弾き語り中級コースに申し込んだわけです。初級の分際で。

でも目標を持つってのはすごい効果で
はっきり言って中級レベルでしたYO!

コードの仕組みは大体わかってきて、楽譜が読める&ピアノ経験アリというのが功を奏し
いきなりコードと楽譜で超知らないカントリーミュージックとか弾かされても
別に問題なく弾けるというありさま!!

むしろこの曲でこのコードはねぇだろくらいの勢いです。

ちなみにしましまが生まれる前のレトロ曲を練習したのですが
どうもたかが3つのコードなのに全くコードがしっくりこなく
なんで全部マイナー系なのかと謎に思ってネットで調べたら
英語検索をするとその曲は普通にC、D、Gだけの曲なのに、
ドイツ語検索をするとあら不思議、ドイツ語圏ではこの曲はマニアックコードで弾かれているようです!

しかもギター入門曲としてこの曲は必ず弾く曲みたいで
超驚きです。

あとはLet it beのプリントもくばられましたがこのコードも練習していたコードではないもので
非常にやりにくい!!
Fコードを避けるために半音違うようにしているらしく妙にしっくりこないッス。

まあ楽しいからいいですが。

生徒は10人程度でもちろんしましま以外ドイツ人。
外国人一人なので何気にお客様扱い♪
差別されないどころかやさしくて嬉しいもんです。

また!みんな本当にいい人ぞろいで、近くに住んでいる人がいたので一緒に話しながら帰ったり
一人美しい若い女子が実は日本語ペラペラという事実にも遭遇!

てっきりこのクラスは老人用かと思っていたら
夜シフト勤務の若者もいるので年齢層と男女比が幅広くて楽しいです。

その日本語を話せる女子、日本に留学経験があり
しかも日本の何が好きなのか聞いたら「ガクトが好き」ということでの
ガクト留学。それも着用していた服はゴスロリ系です。

ガクトが好きな若ドイツ女子(超美人)、頑張ればガクトと結婚できるんじゃないのかと
本気で思ってしまいました。

ただ、しましまは長渕系(清原寄り)なので
せっかくの日本語を話す女子なのに真逆の方向性でそれはそれは残念です。

あとラッキーだったのが、曲がほぼ英語。

次回のギタークラスが本当に楽しみです。
ちなみにギター持参で電車に座っているとなぜか若い男子が相席してきます!

ドイツの電車は向かい合わせの4人ボックス席なのですが
基本的にしましまが座っていると女子やおばさんが座ってくることが多いのですが
ギターを持っているとこうもメンズが寄ってくるのかとびっくりです。
ということでギター一つで変わる世界観&人間関係!

あと、花粉が飛びまくっていて相当つらいしましまですが
いろんな人に聞いてもみなさん花粉症ではないらしいです。
しまおらも症状が出始めてます!

で、花粉症を否定する人が多いものの
最近くしゃみをしたり鼻をかみまくったりの人多し。

図書館のドイツ語教室のドイツ人先生も最近のどが痛いと言ってるし
一人は気管支炎になって入院、
しまお12歳のサッカーコーチものどの調子悪くて呼吸困難に陥るほどだったらしいし
現地校の先生も数人欠席中です。

それも2週間前からみなさん体調悪化がみられていることを考えると
新聞を買って気圧配置まで調べ上げたしましま的には
これは強い低気圧が上陸後、花粉が飛びまくっているからと推測です。

気圧の影響は呼吸器にガッツリ来ますね。

また花粉症の時期は頻尿傾向、下痢しやすい、のど乾きやすいから水分大量摂取
という負のスパイラルに入りますが
しましまは今回はドイツ産のはちみつと花粉の粉を飲みまくってみようと思って
昨日から飲み始めてます!!
これで去年一切改善しなかったのですが、今回買ったはちみつは超白濁してるので
若干効果はありそうな気もします。
ちなみにお茶系も探してますがないので
今回ははちみつの量を去年の2倍にしてみたいです。

No tags for this post.