shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

フランス人女性とオーガニックカフェDEお茶!

どんだけオシャレな生活だよ!!という感じのタイトルですが
実際超オシャレでオーガニックオンリーのカフェで
例のフランス人女性とお茶してきました。

日本語を是非学びたい!!と意欲的なものの
一言も日本語を話さないのですが、
多分以前習っていたものの相当なブランクがあって&
多分プライドもきっと高いと思われしゃべらない派だと推測。

今日は2時間ほどマシンガントークを交わし非常に楽しかったです。
楽しいというかまあ楽しいし、一緒にいて楽で緊張しないし
多分この人とは気が合うんだと思います。そもそも親日家だし♪

ただ、そのオシャレオーガニックカフェですが
しましまがいつもよちよち歩きの老人とお茶するところなので
今まで「老人や自分の健康のために」的なノリでモノを食ってましたが
今日はフランス女性連れでしたのでやっぱり気分がいいですね!
心なしか店員の態度もいい!!

タンデム老人は一緒に歩くととにかく遅いのと転びやすい傾向があるので
小さい段差に特に気を付けているのと
歩幅も狭くスピードが多分時速1キロくらいなので、
「太極拳を習っている」という意気込みでゆっくり歩いてます。
本当にゆっくり過ぎる動きは逆に疲れるので、
太極拳、何気に興味あるぜ!
なんだかこっちでは太極拳のことを多分タイチと言ってると思いますが
中国人母に出会うことが多く、みなさんタイチを習ってるみたいです。

そういえばハンブルクにある日本人学校は平日と補習校が土曜日にあるそうですが
中国人学校は平日はなくて土曜日だけあるそうで
子供に中国語を教えるのはもちろん、親にも歴史の授業があったり
タイチとか卓球とかいろいろあるそうでなんだか楽しそうです。

ってことで二時間トークしましたが
あっという間でした!

それと現在手帳を探し中。
実はいいなと思う手帳があって、一つはフランス製、もう一つは日本製という!!
日本製の手帳のクオリティーはハンパなくて、ドイツにも売ってますが
販売しているのは「世界の手帳を扱う高級文具店。」
高額な値札がついてますが、日本円でたかが840円程度ってのがしゃくにさわるものの
日本かフランスか悩み中!!

実は手帳、時計、アクセサリーを持たない裸眼の女しましまですが
どうしても手帳が欲しくなってきました。
なぜなら手帳がないと子供らの予定が把握できないので!!

でかい壁掛けカレンダーにオール書き込み派ですが
ドイツにそんな空白の多いカレンダーはなく、
しかもカレンダー前に立つことが常にあって、外出先でも困ることが多く
なのにスマホ大嫌いなので
今さらの手帳探し!

ちなみにこだわりがあって
太いのはNG。ある意味寿司屋風カレンダーみたいなのが欲しいっちゃー欲しいのですが
やっぱりかなり小さいものでないとです。

子供の部活が8時まであるので時系列で書きこめて
土日もガッツリ枠が組んであるもの!土日にも部活があるんで!!
この際曜日始まりなんてこだわってません。
時間枠が8時まであるもので土日の枠が大きくて重くないもの!!

ドイツ製はほぼ見ましたが一切好みのものがなくて
多分フランス製をアマゾン購入か日本製のをあの店で買うかの二択です♪
一応イギリス製のはたくさんいい手帳を見つけてるのですが
イギリスの祝日仕様なので使い物にならず!!

その点日本製の手帳はなぜかドイツ用というかインターナショナル用に作られていて
日本語記載は一切ないのに東京及び各都市のかっこいい路線図が載っているという優れもの!
質もデザインもいいし、こうして勝負に出てくる日本製品はかっこいいです!
多分しましまのために出してないですが、買い占めてその辺のドイツ人にくばりたいほどです。

現在しまおらがくそ寒い中雨の中サッカーをしているのでこれから迎えに行きますが
先ほどは明日のテストのための勉強をみっちり手伝いました。
しまお10歳は体の仕組みのテストで、関節と筋肉の動きの全名称と仕組みを覚えさせ説明させ
しまお12歳はフランス語のテストで、自己紹介をさせてみて、文も書かせてみました。
これでばっちりでしょう!!多分。
仮に追放ということになるなら、近所の格下学校に転校してもらいたいなと思ってます。

しかし日本の小学生、それも中学受験をする子って大変だなと思います。
本人、多分特に男の子だとしたら、別に受験なんて興味はないはず!
目の前のテレビを見てダラダラしてマンガを読んでリラックスしていたいはず!!
だって学校で充分勉強したり人間関係とかで疲れたりしてるはずだから!

その点ドイツの子供らは勉強が嫌いでもその子たち用の学校がしっかり用意されていて
そこを卒業してもしっかり就職できて、安定した給与をもらって
休暇も2週間とかガッツリもらえるという保証付き。
競争社会じゃないっていいなと思ってます。
人間無駄に勉強するのって無駄だと思うし、特に年号とか無駄な算数公式のつめこみこそ悪だと思ってます。
子供なんて机に向かって勉強させられてるくらいなら
いろいろなスポーツとか楽器とかを習って人生を豊かにしたほうが楽しいような気がします。

って言ってると日本に戻った時に相当な勢いで苦労するんだろうななんて思いますが
常に苦労しているよりも、ギリギリまで楽させておいて、
苦労するべき時に苦労すればいいじゃないか!(鬼母♪)と思ってます。
と言いつつ毎日ドイツ語で苦労してますが!
 

No tags for this post.
ドイツ生活

フランス人女性とオーガニックカフェDEお茶!

どんだけオシャレな生活だよ!!という感じのタイトルですが
実際超オシャレでオーガニックオンリーのカフェで
例のフランス人女性とお茶してきました。

日本語を是非学びたい!!と意欲的なものの
一言も日本語を話さないのですが、
多分以前習っていたものの相当なブランクがあって&
多分プライドもきっと高いと思われしゃべらない派だと推測。

今日は2時間ほどマシンガントークを交わし非常に楽しかったです。
楽しいというかまあ楽しいし、一緒にいて楽で緊張しないし
多分この人とは気が合うんだと思います。そもそも親日家だし♪

ただ、そのオシャレオーガニックカフェですが
しましまがいつもよちよち歩きの老人とお茶するところなので
今まで「老人や自分の健康のために」的なノリでモノを食ってましたが
今日はフランス女性連れでしたのでやっぱり気分がいいですね!
心なしか店員の態度もいい!!

タンデム老人は一緒に歩くととにかく遅いのと転びやすい傾向があるので
小さい段差に特に気を付けているのと
歩幅も狭くスピードが多分時速1キロくらいなので、
「太極拳を習っている」という意気込みでゆっくり歩いてます。
本当にゆっくり過ぎる動きは逆に疲れるので、
太極拳、何気に興味あるぜ!
なんだかこっちでは太極拳のことを多分タイチと言ってると思いますが
中国人母に出会うことが多く、みなさんタイチを習ってるみたいです。

そういえばハンブルクにある日本人学校は平日と補習校が土曜日にあるそうですが
中国人学校は平日はなくて土曜日だけあるそうで
子供に中国語を教えるのはもちろん、親にも歴史の授業があったり
タイチとか卓球とかいろいろあるそうでなんだか楽しそうです。

ってことで二時間トークしましたが
あっという間でした!

それと現在手帳を探し中。
実はいいなと思う手帳があって、一つはフランス製、もう一つは日本製という!!
日本製の手帳のクオリティーはハンパなくて、ドイツにも売ってますが
販売しているのは「世界の手帳を扱う高級文具店。」
高額な値札がついてますが、日本円でたかが840円程度ってのがしゃくにさわるものの
日本かフランスか悩み中!!

実は手帳、時計、アクセサリーを持たない裸眼の女しましまですが
どうしても手帳が欲しくなってきました。
なぜなら手帳がないと子供らの予定が把握できないので!!

でかい壁掛けカレンダーにオール書き込み派ですが
ドイツにそんな空白の多いカレンダーはなく、
しかもカレンダー前に立つことが常にあって、外出先でも困ることが多く
なのにスマホ大嫌いなので
今さらの手帳探し!

ちなみにこだわりがあって
太いのはNG。ある意味寿司屋風カレンダーみたいなのが欲しいっちゃー欲しいのですが
やっぱりかなり小さいものでないとです。

子供の部活が8時まであるので時系列で書きこめて
土日もガッツリ枠が組んであるもの!土日にも部活があるんで!!
この際曜日始まりなんてこだわってません。
時間枠が8時まであるもので土日の枠が大きくて重くないもの!!

ドイツ製はほぼ見ましたが一切好みのものがなくて
多分フランス製をアマゾン購入か日本製のをあの店で買うかの二択です♪
一応イギリス製のはたくさんいい手帳を見つけてるのですが
イギリスの祝日仕様なので使い物にならず!!

その点日本製の手帳はなぜかドイツ用というかインターナショナル用に作られていて
日本語記載は一切ないのに東京及び各都市のかっこいい路線図が載っているという優れもの!
質もデザインもいいし、こうして勝負に出てくる日本製品はかっこいいです!
多分しましまのために出してないですが、買い占めてその辺のドイツ人にくばりたいほどです。

現在しまおらがくそ寒い中雨の中サッカーをしているのでこれから迎えに行きますが
先ほどは明日のテストのための勉強をみっちり手伝いました。
しまお10歳は体の仕組みのテストで、関節と筋肉の動きの全名称と仕組みを覚えさせ説明させ
しまお12歳はフランス語のテストで、自己紹介をさせてみて、文も書かせてみました。
これでばっちりでしょう!!多分。
仮に追放ということになるなら、近所の格下学校に転校してもらいたいなと思ってます。

しかし日本の小学生、それも中学受験をする子って大変だなと思います。
本人、多分特に男の子だとしたら、別に受験なんて興味はないはず!
目の前のテレビを見てダラダラしてマンガを読んでリラックスしていたいはず!!
だって学校で充分勉強したり人間関係とかで疲れたりしてるはずだから!

その点ドイツの子供らは勉強が嫌いでもその子たち用の学校がしっかり用意されていて
そこを卒業してもしっかり就職できて、安定した給与をもらって
休暇も2週間とかガッツリもらえるという保証付き。
競争社会じゃないっていいなと思ってます。
人間無駄に勉強するのって無駄だと思うし、特に年号とか無駄な算数公式のつめこみこそ悪だと思ってます。
子供なんて机に向かって勉強させられてるくらいなら
いろいろなスポーツとか楽器とかを習って人生を豊かにしたほうが楽しいような気がします。

って言ってると日本に戻った時に相当な勢いで苦労するんだろうななんて思いますが
常に苦労しているよりも、ギリギリまで楽させておいて、
苦労するべき時に苦労すればいいじゃないか!(鬼母♪)と思ってます。
と言いつつ毎日ドイツ語で苦労してますが!
 

No tags for this post.