shima family
しまファミリー@ドイツ
子供

新事実!野ぐそ&野ピー(野しっこ)

いやあ秋の落ち葉が大量すぎますが基本的に気温は冬です。
おかげで室内が超暖かいという。。。
夏よりもある意味冬の方が快適ッスね。

最近ずっと夜に雨が降っているせいで体調の枯れ葉がしっとりしてしまっていて
回収不可能だったのですが
今日はなんと太陽が出ていて若干枯葉が乾いてる感じだったので
2袋回収しました!

1袋だけしまお10歳(ぽっちゃり系、ワイルドな方)に手伝ってもらったのですが
手伝いながら、

「ああ、こんな日は、ノグソ日和だなぁ!!ノピーもいいなあ!」
なんて言うので、

お前、あれからいったい何回ノグソしたの??!!と問うと
実は学校ですでにお気に入りノグソスポットなるものが存在し
そのスポットで3回もしていたそう。
最後にしたのは2か月前らしい!

しかも、立ちションという言葉を使わず
ノピー(野原でするPEE(英語で言うおしっこの意味))と自作の言語を使用しており
ノピーって何??ときいたら、「ノシッコだよ!」と言ってくれたが
それすらお前の造語だろ状態!

で、ノピーはいつしているのか聞いたところ
実は無数にしていることが判明し
それも日曜の朝は6時に起きるこいつですが、
しま犬を庭でおしっこさせるときに常におれもノピーをして気分爽快!だそうです。

ということで、毎週1度は必ず自宅の庭にて立ちションをしていた男!!

よく道路脇にでかい犬のうんこが落ちているドイツですが
ありえないくらい学校の前とか道路の真ん中でも
「これは絶対人間のだ。形も色も絶対に人間だ。それも大人」と言い張るので、
いつも「人間は、特に大人はこんな場所では絶対にしない」と主張してきましたが
もしかしてしまお10才のうんこスポットIN学校は
実は立ちうんこだから、もしかして結構派手目の場所なのではないかと
何気に不安になってきたので、
これからしまお12歳に聞き込み調査をし、やぶの中で座ってするように導けたらいいななんて思ってます。

それはそうと。
ここから一気に暗い話に突入だぜ!

実はしましま、異様にストレス王です。
ドイツという暗い文化に順応できないぜ!

土曜日は大雨で、でも二人ともサッカーの試合があって
しまお12歳のはしまだんなが送りに行き、
しまお10歳のはしましまが送迎しましたが、
ヨーロッパはサッカークラブが必ず年齢別に分かれているため
全く別の2チームに所属してます。

で、しまお12歳のチームは比較的ゆるく、
さほど強くもないので親もそこまで熱心でもない感じで
イギリスっぽくて非常に気楽です。

一方しまお10歳(ワイルドで、のぐその方)ですが
このチームは日本によくありがちな下町の地元密着型系、排他的経済水域を彷彿とさせる
排他的組織です。
はっきり言ってそもそも最初から、一目見た時から、
あ、このチームの雰囲気、超苦手!とおもっていましたが
接すれば接するほど嫌いになるこのチーム♪

多分親が全員仲良しグループなのでしょう。
仲がいい&酒も飲む&たばこの吸いっぷりがハンパなく、常に群れをなし
いちいちハグをし、ひたすらトークの集団!

まあ気持ちはわかります。
出会った瞬間「ねぇ、ちょっと聞いてよーーー!!」という感じで
己の身に起きている生活ネタ、仕事ネタの数々を報告し合う集団。
それもママ友同士ならまだしも、男性もとにかくよく話す人ばかりで
そんな中に、超カタコトの外人が入るわけです。
厳しい。激しく孤立無援の四面楚歌!

基本的に一人でいることは全く問題ではなく、むしろ一匹狼なのですが
しましまはトーク大好き人間で、とにかくいろんな人とどうでもいいことをいろいろ楽しく話したい派です。
なのに入るすきがあたえられないという。。。。

イギリスだとみなさん個人主義なので
適当に会話して試合の応援も適当な位置で適当に見て適当に消えるという
非常にラフなスタイル。
本を読む人は読むし、基本的に語りまくる人は皆無で、会話自体がキャッチボールで楽しいです。

が、ドイツだと一人がしゃべっている時に途中で割り込むことは許されず
しかもしゃべりも長くてつまらなくてオチが一切なく
これは会話なのか??語りなのか??という感じ。
なのに挨拶するときは全員に握手!
仲良くもないのに握手文化じゃないのに握手するのは面倒くさいし
その握手も、しっかりした握手ができてない人ばかりで
みなさんこんなに巨大なガタイなのに手の力が意外にないのね的な感じで
とにかくいちいちストレスがたまるという!!

で、ドイツサッカーは冬の試合が体育館になり、
しかも11歳代だとフットサルの5人制になるそうで、
初回なのでその軍団と一緒に行動しいろいろわからないところは聞いたりしましたが
くそストレスがたまり、帰宅後に暴言吐きまくりですYO!

しまお10歳がこのチームをやめてくれればすべてが解決するのですが
やめる気がないというので
とりあえず送迎は頑張りますが、
マジで送迎のみに徹してあとは近場のカフェへ避難OR最悪車に避難でしょう!

実はドイツ語の文法本を持って行っていたのでそれをずっと読んでましたが
もともと無口で本が好きならいいけれど
もともとはなしたくてしょうがないのに、こんなに英語も日本語も堪能なのに寒空の中一人で本を読むって
結構厳しいもんです。

まあ、ドイツは日本に似て排他的文化で群れを成す文化なので仕方ないですが
群れを成すだけでなく、そこはかとなく暗くてつまんない性格なので
こっちまで腐ってきてしまいます。っていうかもう腐りかけのRadio!

ということでこうしてブログに書いて発散した次第ですが
皆さんもこういう孤立した経験、子供でもクラスで仲間外れとかいろいろあると思いますが
そういうことをしてくる人間はそういう別世界の人だと割り切ろうとしているので
自分の好きなように、相手の土俵に合わせずに、楽しい方向で生きていきたいと思ってます。

しかし本当にドイツ語力がなさ過ぎて、凹みっぱなしの毎日ですが
多分「中級の悩み」なんだと思います。
別に卓球のコーチや親ら、散歩している人々やご近所とは円滑にコミュニケーションとれてるんで!

でもドイツ語ができないのは非常にストレスです。
実際に毎日辞書を1ページずつ覚えていて自分なりには相当力がついてきている気がしてますがどうも全くまだまだみたいで、
とにかくムカついてますんで、辞書系じゃなくてスラング系の会話集でも買って覚えたい勢いです。
多分しましまに必要なのはスラングではないかなと推測。

しかしドイツ語って、日本語と同じように文法的にルールが多いのに遊びが多い言語で
さらに自由度が多いが故
表現が多すぎる気がするので、
英語と違っておぼえても覚えてもおいつかない系です。
日本にいる外国人も苦労してるんだろうなぁ。。。。

 

No tags for this post.