shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

クラバート(Krabat)を読む12歳

 秋休みが1週間過ぎましたが、子供と徹底的に過ごす1週間は

結構きついものがあります。
漢字プリントは2年生が終了し3年生をやらせてますが
とにかくかけないのでびっくりです。
ということでスパルタ教育をしてます♪
上手い字で書かないと書き直しというスパルタぶり。
基本的にゲーム時間を制限しているしま家ですが
週末は30分ずつという決まりをなくし、
学習したらそれに見合った時間をゲームさせてやる方式になりました。
やっぱり遊びと勉強をセットでやらないと
人間腐ってしまいますね。
ってことで、しまお12歳はこの2週間で1冊読めと言われているクラバートという小説(もちろんドイツ語)を少しずつ読んでいて、
基本的に4ページ読んで30分ゲームをさせてますが、
4ページ読むのに1時間以上かかるという難易度!!
単語が分からな過ぎてカードを書かせてますが
クラバートという小説の内容が魔法系なので単語が難しすぎ!!
で、ほぼ全単語辞書で引いて書いているというありさま。
途方にくれますが、最初は辞書引きを手伝っていたしましまも
1週間経ってうまい具合に自分で辞書を引いて単語カードに書いてそれから読んで
しましまにあらすじを説明してくれるようになり
超楽になりました。
しましまは辞書で引いた日本語が分からない場合に教える係として頑張ってます!
昨日はなんとその甲斐あって、
1ページの中で3回しか辞書引かなかったYOという快挙で
これから読むスピートが上がるのではないかと推測です。
上がった暁には、10ページで30分のゲーム時間にしたいななんて考えてます。
一方しまお10歳は
学校の授業についていけてないので
科学と地理の教科書を徹底的に単語を覚えさえて学習させてます。
ちなみに太陽の動きや方向について学んでますが
方位磁石なしで時計と太陽の位置で方角が分かる方法とか
星の位置での自分の位置確認とか、なんだかやけに難しい内容をやってます。
あとは筋肉の動きとか。
ドイツ語で学んでいるためしましまに説明するときは全部ドイツ語というしまお12歳。
確かに筋肉の各繊維とか全部の骨の名称とか
日本語の方が難しい気も。。。。
っていうかこの内容って10歳の子が学ぶものなのかも謎ですが
学べというので仕方なく徹底的に覚えさせてます。
また地理。
これはヨーロッパの全部の国と首都をドイツ語で覚えるのですが
しましまも結構覚えました。
アイルランドなんてイァランドですYO!
アイスランドはイズランド。。。伊豆っぽいぜ!
白地図をダウンロードしてひたすら覚えて覚えさせて
とりあえず完璧な仕上がりですが、
ヨーロッパって国、多いッスね。
まあ覚えて損はないのでしましまも頑張ってます。
っていうか覚えさせてるうちにうっかり自分が覚えてしまってるという。。。。
残りあと1週間ですが
目標として漢字は4年まで終わらせ、
生活態度を改めさせ、今までのしまお10歳の復習を終わらせようと思ってます。
非常に低レベルなしま家。
しかも漢字も100%の完成度を目指さす8割で合格ラインです♪(低レベルな目標設定)
ドイツ語という何気に役に立たなそうな言語を学びまくってますが
そもそも役に立つものを学ぶのは大人になってからでいいんじゃないか説を持ってるので
むしろどんどん無駄なものを学んでもらいたいです。
まあ日本にいると英語こそすべて、という考えで動きがちで
そうなるとアメリカやイギリスの二番手でしかないわけですが
ドイツ語を学ぶことによって英語以外でも、いや英語以外の方が逆に抵抗勢力チックで世界観が変わるねなんて思ってます。
余談ですが先日子供らが作ったうどん(パスタマシン使用)ですが
これが結構激マズでした。
敗因は、生地が極薄だったこと。
1mmだとそうめんですね。ほぼそうめん。
ってことで伸ばしたい気持ちを抑えて
3mmとか、いや5mm?くらいの極太麺を作ろうと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

No tags for this post.