shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

極寒冬のハンブルク!タンデム!

 先週の真夏日がウソだったように

その直後から冬到来のドイツ在住しましまです。
寒いのは心が寒いからでしょうか??
まあ心も寒いですが
5月下旬で吐く息が白いのはどうかしてるぜ!!
家の中もかなり寒くて分厚いフリース着てしのんでます。
しましま、ダウンはロングダウンしか持ってませんが
来年は絶対にショートダウンを買うぞと思ってます。
裾が長いダウンは真冬しかきれませんが
短いダウンなら年間着れますね、夏も!
もうこんなに寒いと夏も期待外れに寒いんじゃないかと思ってます。
っていうか、最近森山直太郎の「夏の終わり」ばっかり歌ってますYO。
昨日はくそ寒いのに大雨。
でも子供らが通ってる卓球部のコーチに
「そのラケットはこの卓球クラブの専属メーカーのものじゃないから買い換えろ」と言われたので
卓球のラケットを買いに犬と大雨の中出かけましたが
寒くて手ぶらDE帰宅♪
行きつけの卓球部はたとえばナイキとかアディダスとか
あるマニアックな卓球メーカーのクラブだったようですが
そんなこと一切気づかなかったしまファミリー。
要するに巨人軍の試合に阪神の服着た外人ファミリーが毎週行っていたようなもんです。
超ご法度!でも外人だから♪
まあ日本と違ってあまりかっちりしてないんで
来週どの店で買えるのか聞いてみたいと思ってます。
ちなみにアマゾンではマニアックすぎて取り扱いがなく
そのメーカーのサイトで買うしか手段がなくて
そのメーカーのサイトを見たらしま家から10駅くらいのところの店で取り扱いがあるということで行ってみたら
番地は存在するものの店がねぇ!という状態でした。
きっと古い情報なんでしょう。
まあ店舗物件で実際に店舗はありましたが全然違う店で洋服を販売してました。
それとほぼ毎週老人と「語学交換」をしてます。
ドイツ語だとタンデムといい、英語だとLanguage Exchangeといいます。
その老人、非常に本が好きでネットにも詳しくて
中国に興味があるとのことですが、
ドイツ人にありがちな「村上春樹が好き」だそうです。
しかしあれですね、ドイツに住んでればドイツ語ができると思ったら大間違いだし
通学してれば自然に覚えると思っても大間違い、
タンデムと週1で会っていればいいと思ったら大間違いで、
結局語学ってのは環境でも相手でもなく、自分との闘いなわけです!
自分で学ばないと単語なんて入ってこないし、
これはまさに筋トレと同じです。
2日に1回ヨガマットとバランスボールでインナーマッスルを鍛えてもう半年以上ですが
はっきり言って超地味でつらいです。
でもサボると腰痛や肩こりが出て体操すれば完全に治るので
多分肩こりや腰痛ってのはその部分の筋肉が弱ってる人がなるものじゃないかと思ってます。
といいつつ自分での体操で体力つきすぎてしまって
もう少し負荷を加えたい&どこかに所属したいなという気持ちもあって
スポーツクラブ会員になりたいななんて思ってます。
(そして運動不足のしまだんなを引き入れる作戦)
ということで筋トレをしてから語学も同じだなと気づくようになって
辛いけど毎日やらないとダメね、それも簡単な方法なんて一切ない!と思ってます。
よくたった数か月でこの教材だけでペラペラとか
聞き流すだけでOKとかの広告がありますが
ドイツ語をほぼ1年聞き流しているしまだんなにドイツ語の成長は一切ありません。
聞き流しているだけなので♪
ってことでドイツ老人と会ってるからできるようになるのではなく
会ってまともな文章でいかにまともにしゃべって通じるかを
自分で努力していかないと会うだけ時間が無駄だと心底気づき
頑張らないとな、地味に、と思ってます。
それはそうとしま家の玄関じゃないドア前にある水はけ用の機械が壊れてしまい
ドア前が水浸しでこのままじゃ浸水騒ぎだぜということで
しましまが不動産屋に連絡することになりました。
通常なら電話したいところですが
その機械の名称が分からなくてメールを打つことに。
メールを1時間ほどかけて書いてから送信したところ
何と10分後に作業員が二人来てくれて、あまりの速さにびっくりでした!
また昨日はしまお10歳の虫歯(また!)の予約で
歯医者に電話したのですが旅行中だそうで旅行先から転送電話を取ったようで
いつもの受付嬢(老人男性)ではなく、歯科女医さんでかなり早口で世間話までされ
とりあえずなんとか予約を取れました。
ロンドンにいるときはいつまでも外人扱いというか
しましまの英語のレベルに常に合わせてくれての会話だったような気がしますが
ドイツの人はそれに比べて容赦がなくて
少しでもしゃべれるそぶりを見せると、もうマシンガンのように話してくるので
面白いもんです。
今日も図書館のドイツ語コースに行ってきましたが
明日も行くつもりです。
こうやって日々の若干面倒くさいけれど積み重ねが
将来につながっていくのかななんて思ってます。
あと!タンデムの老人から「この本を貸すから読め」と言われた本が
5センチほどの厚みのある本でもちろんドイツ語。
実はその本しましまがまだドイツ語コースA2レベルくらいの時にも貸してもらったのですが
1日見て無理だと判断しソッコーで返した本。
今回また貸されて、ちょっとみたら何気に読めるようになっていてびっくりし
借りたはいいですが太すぎて若干躊躇してます。
「本について書いている本だ」というので
そういえば本について書いている本があったぞ!と思いだし
しましまと交流をしてくれている方からもらった小説
「ビブリア古書堂の事件手帖」の1巻をおととい
2と3を昨日全部読んでしまいました!!
非常にいい本!おススメ!
しかしほんの著者初めて知りました
が、
こんなに文章とか場面展開が上手で、ほかに書いてる本とかあるのかなとか謎です。
もう一回読むと思います。
しまお12歳が原罪読み始めてますが
何としまお12歳、電車の中では東野圭吾の分身を読んでます。渋い。

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

No tags for this post.