shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

時代に乗り遅れそうなしましま

 どうも!機械大好き人間のしましまです。

しまだんな母からメールをいただき
「日本ではすでに桜が咲いている」という衝撃ニュースを知りました。
ちなみに今日のドイツはきっとマイナスだと思います。
太陽は出ているものの(太陽が出ることすら稀)
強風でとにかく寒い!
ところで、しま家にはいろいろ機械があります。
機械大好きです♪
特にパソコンは大好きなので
5年ほど使ったDellをやめ、
ソニーの巨大画面白バイオを自分の誕生日プレゼントとしてイギリスで購入しました。
しまだんなはやはり5年前にヤフオクで落札した中古Dellをいまだに使ってますが
基本的にipadを9割9分使ってます。
で、子供たちはネット検索の場合しましまのパソコン白バイオ、
音楽ダウンロードや音楽編集などはしましまのお古のデルを使ってますが
とにかく古いので動作がやたら遅くてイライラするので
子供ら用に新しいのを買おう、ということで
今日は家電ショップに行ってきました。
2万くらいで買えるかななんて思っていたら
まあ2万代のものは小型パソコンでいろいろアリ
こんなもんだろうと思っていたところ
非常に衝撃的な代物を発見しました。
しまだんなはとっくに知っていたのですが
しましまは初めて見たので、あまりの衝撃で疲れがドットコム!
自分のメガバイトを明らかに超える情報に
「自分も老いたなぁ」と痛感しました。
コンピューター系の世界は本当に進歩がはやい!!
で、何に驚いたかというと
タッチパネルのパッド型のものにキーボードがついているという
だブレットPCが売っていたこと!!
そもそもウインドウズ8が出た時点で
そろそろタッチパネルのパソコンが出るんだろうけれど
画面に触るのが嫌いなので俺は移行しないぜ的考えを持っていましたが
小さいパソコン、いや、タッチパネル式パソコン、
いや、画面とキーボードが着脱可能なパソコン?を見たことで
もうパソコンの時代は終了??
バイオ、しかも巨大画面ってもうダサイの??という衝撃を受けました。
もうマウスなんていらないじゃないか!
しましまは、キーボードが大好きで
マウスも好きで、
マイクロソフトオフィスとかウィンドウズが好きなので
Ipadはあまり好みではなく、きわめて事務系な使い方をしてます。
そんなしましまが見てしまった新世界!!
ついにもうこういう時代の幕開けなのね、とペリー到来くらいびっくり&ショックで
とりあえず今日は何も買わずに無言の帰宅ッス!
子供らにはこのままお古のパソコンを壊れるまで使ってもらい
壊れたらもしかしてしましまのこのバイオをおさがりにし
しましまが新型タッチパネルパソコンWindows8がっつり対応というものに
移行するかもしれません♪
しかし新型のパソコンは本当に小型化で、DVDとか入れるスペースなんて皆無。
まあ外付けDVDやUSBで何とかなるし
何もキーボードに常に組み込むことなんてないし
そもそもDVDなんてもうこれからの時代必要ないのかもしれません。
しまテストジャパンでの毛髪検査情報も
実はしましまの手元にはなく、
「クラウド保管」をしてます。
自分の手元にあると壊れたりバージョンが古いと見れなかったりということもありますが
「クラウド」というシステムを使うと
ネット上に秘密に保存でき、しかも検査会社とメール添付などせずに共有できるというすごいシステムです。
ネット上に機密情報を置くなんてと思うでしょうが
自分のパソコンに持っている方がむしろ危険。
外付けHDDなどに保存してもいいのですが人数が多いので管理が面倒ということもあり
お手軽クラウドを使ってます。
もう時代はダウンロード&タッチパネルなのですね。。。
若干レトロ人間なので若干ショックですが
まあ新型の機械とかシステムって見ていて気持ちがいいので
恐れず使ってみたいと思ってます。
しかもドイツで買うとキーボードがドイツ仕様なので
しましまにも子供にも好都合。
今使っているのはイギリス仕様なので日本語キーなど一切ないですが
とりあえず使いやすいです。
で、そのタブレットパソコン。
やたらメガバイト数が多いので
どこに保存するんだろうと思ったら
画面の方に保存するようです!!
普通のパソコンは画面は画面でしかなく
キーボードの方に情報を保存するのでかなり画期的です。
要するに今までケツから出していたうんこを
まさか頭から!!みたいなそんな衝撃!
長くなりましたがさらに長い文章を!!
それも政治ネタ♪
しましまのドイツ語コースは無事終わったのですが
ドイツ語コースの後に100時間の「ドイツについて学ぶコース」が必須になっていて
現在それに毎日出てますが
内容がキツイ!
ドイツの政治システムを全部覚えないといけないです。
実はしましま、歴史や政治が大の苦手!
歴史なんて20歳くらいまで大人が子供を教育するためだけの
フィクションだと思ってましたから!
20歳ころにアメリカに留学して初めて「外国があるという事実」を体験して
「実際に世界がある」ということを知り
また、英語が本当に話されているというのを知り
「英語もまたフィクションではなくノンフィクションだった」と知りました。
ちなみに歴史はあまり信じてませんでしたが
イギリスに住んでいろいろな建造物とかおびただしい量の絵画を見て
「実際に昔という時代はあった」ということを知る私♪
イギリスの絵画はとてもおしゃれで上手で感動しましたが
ドイツの絵画は自分的にダサくて下手だと思ってますが
とにかく絵画はかなりの数見てるのでもう歴
史については信じるしかないという状態になってます。
人と違って歴史というシロモノを常に疑ってきた少女時代でしたので
30代後半で開眼したためとにかく歴史に関しては遅咲きです。
そんな遅咲きのしましまでドイツ語歴半年のしましまが
ドイツ語で政治について授業を受けたわけです!
理解不能!
日本語で見ても理解不能ワールド!
しかし土曜の今日、一生懸命解読して日本語でもウィキペディアなどで調べ
大統領と首相の違いも分かり、
政府の意味、内閣の意味、
司法、行政、立法の違いも分かり
上院と下院の違いもわかりました。
ドイツの場合日本と違って連邦政治の国で
でも日本と同じ二院制なのですが
二院制ってそもそも何?とかそういう勢いでしたので
ドイツ語以上に苦戦してます。
でもキーワードは「無知の知」ですんで、
いかに自分が愚かだということを知ったわけで
あとは覚えればいいだけの話です♪
ということで、ドイツ語よりもむしろ政治制度や党制度に対して
勉強中です♪
ちなみにしましま、常にいろいろ疑ってますんで
投票という行為も実は疑ってます。
選挙は大好きで、党に対して投票する&人に対して投票するという制度も好きですが
実は「票は操作されている」と今もなお思ってるのですが実際どうなんでしょうか。
No tags for this post.