shima family
しまファミリー@ドイツ
子供

子供の言葉に救われた件

 ドイツ語コース、ようやく金曜だぜ!と胸躍るしましまです。

金曜のうれしさは格別ですね。
昨日の続きですが、最近しまだんなが多忙なので夜遅く帰宅するため
会話の皆無で
今朝「昨日クラスでひどい目にあったぜ!集中攻撃ッス!」と愚痴ったところ
さすがしまだんなただの男なので
「第三者がそれだけ言うんだからそれも一理あるんじゃないか」という
男らしい返答をいただきました。
クラスの人たちは
「しましまが文法ばかり気にして話すスピードが超遅い」
というのですが、
自分的には日本人ということもあり
「天皇みたいなスローな話し方こそ鏡。
絶対に間違えないようにあんだけ遅く話すことこそ美。」と思ってましたし
思ってます。
文法が間違えなくなればそのスピードもどんどん上がるわけで
英語もそうやって実際上達したので
ドイツ語も同じような自分のやり方でやっていってます。
子供らも日本人なので最初は超スローでしたが
さすが子供で休み時間が相当あるので学校での会話も多く
今では文法の間違いの少ないドイツ語を英語よりは遅いですがスラスラ話してます!
これを見ていると読解力と文法は素晴らしいけれど
子供よりは話す速度が若干遅いしブツブツに切れることも多々ありますが
人と比べないことにしてるのと
これ以上努力はできないくらい努力してるので普通に満足してます。
しかも丁寧に語学を学ぼうという自分の姿勢が好きで
変な文法でペラペラ話していつまでたっても文法が治らないなら
最初に固めちゃったほうがのちに楽じゃないのかという理由もあり
また先生も「ゆっくり正確に話せ!」ととにかく授業ではいうので
人に何を言われようと自分と先生を信じて頑張ってます。
っていうか先生がしましまのスローさを認めてんだからいいんじゃないのか?
と思うのですが。。。。
そして子供らもこんなコメントを!
「俺はママのドイツ語がすごく好きだな♪絶対に間違わないようにすごく考えて話すところが俺らも勉強になるし」(しまお11歳談)
「畜生、ママをいじめる生徒の名前全部教えて!」(しまお9歳談)

しまお9歳の子の反応を見て、あれ?まだ親離れしてないの?
&やっぱり母親はくよくよしてはいけませんな!ということも学びますし
しまお11歳の冷静な判断を見て、「あらあらこんなに立派になって!」
(Tン毛生えてます!)と思いますし
もちろん奴の評価は常に本当のことなので非常に参考になるし
何よりやっぱりしまだんなの「第三者がそういうんだからやっぱりトークがスローなんだよ」というのもすごく参考になるので
早く文法をきっちり頭に入れて早く話せるようには心掛けたいと思いました。
とはいえ、何気にスラスラ話すと、普通の店で買い物するとき全然通じなくなってしまって
スラスラ話さない方が通じる国ドイツ。
ちなみにロンドンではブツブツに切った言い方で会話しても誰も理解してくれず
英語ってのは流れるように話さないと本当に通じない言語です。
が、ドイツ語って一語一句しっかり発音して滑舌いい方が通じる気がしてます。
実際そうなので。
ちなみにしましま、一応女ですが基本男性思考なので
くよくよ愚痴った時に同意されるより、むしろ本気の意見が欲しいので
メンズ3人に囲まれ本当によかったです。
これが女子だったら「あいつ超ムカつく!!」とか女子トークを炸裂させてそうです。
それも楽しそうですが。
余談ですがもう春!3月なんですね♪
月日が経つのが早くてびっくりです。
No tags for this post.