shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

すっごく傷ついた日

 人間40歳まぢかになるとめったなことで傷つかないもんですが

10代、20代は毎日傷ついたり怒ったり笑ったりしてたなと
あのころのとがってた自分が懐かしく思う今日この頃です。
基本的に超穏やかに過ごしており
ここ数年は特に「ウォンビン!」という韓国っぽい名前がぴったりの
「穏便(オンビン)」な性格のしましまなのですが、
語学学校で5か月も過ごしているとやっぱり嫌な人もいい人もいるわけで
でもいい人たちがどんどんやめていってしまい
強烈な個性の人たちだけが残留という状態で
ものすごい濃いクラスになってます。
でそんな濃いクラスで傷ついたしましま。
いつも書いてますが8月に来て今2月末ですが
たかが6か月でこれだけ話せて銀行と警察とも会話できて
ネットの不具合も病院にも電話したり
子供の担任と1時間トークしたり、
昨日はドイツ人老人と会ってトーク3時間。
自分では超すごい人だと思ってます。
でも、それは自分がすごいと思ってるだけで
世界には全く通用しないわけです。
日本の歌手が世界進出して失敗とかありますがそのノリでしょうかねぇ。。。
まあ進出したくて進出してるわけじゃないのですが。
で、自分ではクラスでもド素人なのに39歳。
あとは何十年もドイツに住んでて旦那もドイツ人という60間近の女性がいて
ドイツ語ぺらっぺらだけど文法めっちゃめちゃという人がいます。
他はみなさん子供もいなくて若い人ばかり。
そんな中、ドイツ歴超ど素人、しかもアジア出身で年齢も過労気味。
しかも子供も犬もいてしまテストジャパンなぞも毎日のように何かしら活動していて
(みなさんお申込みありがとうございます!)
超忙しいうえにドイツ語学習もしているわけで
自分では自分なりに超人だと満足していたのですが、
それがいけなかったのかわかりませんが、
ダメ人間がダメ人間のくせに満足している姿が変なのか、
はたまたレベル外の人間が邪魔でやめてもらいたいのか、
今日休み時間に7人くらいでいろいろトークした際に
「しましまはトークがスローすぎる!
しかもいい直しもするし考えながらしゃべるのが全然よくない!
相手に与える印象が悪い!」と攻撃を受けました♪
確かにごもっとも!そんなの自分で重々わかってます。
ですが、みなさん若い、子供なし、ヨーロッパ人、学生時代にドイツ語を習っている、ドイツ人との国際結婚かつドイツ歴が長いです。
ヨーロッパだと言語の相互性がものすごくあります。
20代のヨーロッパ出身のお前らにアジア人の初老女性の気持ちがわかるのかよと思いつつ
実際文法をしっかり言いたいからこそスローなわけです。
でもそういいかえしてみると、
文法なんてどうだっていいから早くしゃべるのが大事だといわれまくりましたが、
当然39歳アジア初老女子なんで、そんな人のいうこと20%程度しか参考にしません♪
っていうか20%程度は参考になりますが、
学んだことは、
「アドバイスを求めてない人にアドバイスをしてはいけない」
「上から目線で物事を語っては失礼」
「人にはそれぞれ事情がある。しかも語学にしても健康法にしても、その人なりの合った方法で向上していくものなので人がどうこう言うものではない&言ったところで何も変わらない。」
「教師でもない人が生徒に指導するのは筋違い」
といこと♪
本当にギスギスしたクラスなので、まああと1か月なので終了が待ち遠しいですね。
まあテストがあるということでギスギスする気持ちもわかるし
若いからもういろいろ言いたくてしょうがないという面で許してますし
また言い返しても相手の方が人数も多いし口が達者なので
反撃はしないことに決めてますが
とりあえず休み時間にいろいろ言われて超撃沈したので
次の授業のフリートークでは、人の発言も横取りしてみたり頑張りました!
(何気に反撃。)←だからいつも攻撃されるのかもしれない!

でも語学学校ってこんな風に弱肉強食というか争いみたいに話すもんなのでしょうか?

もっと温和にトークしたいのですが
毎日朝まで生テレビみたいな激論というか討論合戦になってます。
ちなみにヨーロッパ系の語学を習得するのに
アジア人の場合はヨーロッパ人の3倍勉強しないとダメだそうです。
一応学校で今のところ500時間。
家でも確実に500はやってるので1000時間ですが
多分テストを受けるまでに1500時間くらいは行くんじゃないかなと思います。
英語知識がある日本人が1500時間勉強してB1に受かるか受からないか
これはいい実験?というかデータになるのではと思います。
でも語学を学ぶのも大切ですが
人に対しての接し方とか礼儀とかが一番大切なんじゃないかなと
日々思ってます。
ちなみに今までしましま、このブログでどんな国の人がいるか一切書いてませんが
実はあえて書いてません。
なぜならその人一人でその国のイメージを決めるのはどうかと思うので。
No tags for this post.