shima family
しまファミリー@ドイツ
ドイツ生活

ドイツの主婦の買い物かご

 ようやく週末でほっと一息のしましまです。

金曜日最高!!
日本の主婦の買い物って、大体自転車のかごに
スーパーのビニール袋を入れて走行とか
車で行ってスーパーのビニール袋に入れて帰宅とか
基本的にビニール袋が多い気がします。
イギリスの場合はやっぱりビニール袋。
エコバッグもかなり普及していて
スーパーのかなり丈夫なエコバックがスーパーの名前でよく売り出されていて
テスコとかウェイトローズとかあり
マークスアンドスペンサーズのエコバッグは最高に使い勝手がよく
いまだに使ってます。
そしてドイツの場合、どうせイギリスと同じなんだろと思っていたら
なんとスーパーでは買い物しても一切ビニール袋なんてくれません。
ビニール袋は10円程度で購入です。
また巨大スーパーというものがないので
週に一度カートに山盛りで買うようなイギリスやアメリカ方式ではなく
ちょこちょこ買い物をする日本方式なので
自転車で買い物をする人も多い中
基本的には歩いて買い物袋を持ってお買いものパターンが多いです。
で、よく見かけるのが、
鉄でできてんのか?というフレームの付いたがっちりしたカラフルな買い物かご。
中身はモロミエです。
また本当のかごでできたおしゃれな籠を持ってお買い物をする主婦も多いです。
といいつつドイツの主婦、あまりおしゃれでないような気が・・・・
やっぱり機能性が素晴らしい場合おしゃれ度は若干下がる気がします。
しましまはイギリスに行ってすぐに買ったスペイン製の巨大買い物カートをたまに使ってましたが、
ドイツに来て頻繁に使いはじめました。
タイヤ付のカートは本当に重宝します。
が、巨大すぎて電車で買い物する際にかなり迷惑なので
折り畳みができるタイヤ付のショッピングバッグはないものかと思っていたら
なんと普通に売ってました。
ライゼンタールというブランドのもので
なんと日本の楽天にも同じものがさらに持ち手がよくなって発売中。
値段も若干高い程度です。
、前からほしかったのですが
今日とうとうご購入です。色は黒しか打ってなかったので黒にしましたが
早速買って早速林檎とかバナナとか大人買い。
やっぱり丈夫な巨大カートにはかないませんが
折りたためるこの幸せ。
これで学校帰りに毎日イモなど買い物ができます。
しかし日本のほうは持ち手が二個あっていいよなと思います。
改造計画を立ててます。
そのライゼンタールのバッグ、
ドイツ産なだけにドイツには大量に売っていて
はっきり言ってもう一つ狙っているバッグがあります。
しましまの通学かばん、普通の安いヘロヘロなカバンに
重い教科書とか傘とか水筒まで入れて
狭い教室で床にヘロヘロにおいていてやたら使いづらく
ビジネスバッグみたいにスタンドさせたいと思っていたら
ライゼンタールに理想的なシロモノを発見!
二つまとめて買おうかと思いましたが、
荷物が重すぎるため却下し、明日または月曜日に買おうと思ってます。
ライゼンタール。
機能性だけ重視していて個性とかが漂うようなおしゃれ感はないと思いますが
無印みたいな感じでしましま的にはアリだと思い
またドイツでは30代40代主婦が普通に使っていてとにかく頑丈なので
きっとアリなのでしょう。
何がびっくりって日本と値段が変わらないのがびっくりです。
日本で買った方が楽天ポイントもつくし柄も選べるしで
日本の楽天は本当にすごいショッピングサイトだと改めて思ってます。
No tags for this post.